デジタルピッキングシステム eye-navi(アイナビ)

デジタルピッキングシステム eye-navi(アイナビ)イメージ

eye-navi は、集品箱に無線表示器とRFIDを取付けたピッキングシステムで、デジタルピックシステムと組み合わせて利用します。ピッキング時は傾斜棚側の表示器が対象アイテムと数量を指示し、集品箱投入時には箱側のランプが正しい投入先を指示することで、高速かつミスのないピッキング作業を可能にします。

作業手待ち時間の最小化により生産性大幅向上

  • 集品箱を隙間なく連続搬送することで、ピッキング作業者1人当たりのヒット率をアップ
  • ピッキング作業が遅れたエリアのコンベヤのみ停止することで、ライン全体の生産性低下を最小化
  • コンベヤ搬送中も投入作業が可能なため、作業者の手待ちがなく、作業遅れのリカバリーも容易

集品箱と表示器の一体搬送で、出荷精度向上

  • 集品箱と表示器のずれが起きないため、投入ミスのリスクを最小化
  • 表示器の押ボタンで、商品点数とアイテム数を表示し、リアルタイム検品が可能

シンプルなコンベヤ構成で、メンテナンスコストを削減

  • 従来型の切出装置や集品ベルトコンベヤが不要
  • RFIDで集品箱の位置認識を行うため、複雑なコンベヤトラッキング制御が不要

eye-navi 搬送ユニット

eye-navi 搬送ユニット

表示器+RFIDユニット

  • 先行投入指示ランプ
  • ディスプレイ(オーダ番号、検品情報表示)
  • Fn ボタン
  • 投入指示ランプ
  • RFIDタグ

拡張オプション

eye-navi は高頻度品の効率的なピッキング作業に最適ですが、低頻度品を組み入れてしまうと、作業効率が落ちてしまいます。少量多品種品や低頻度出荷アイテムには、カート式デジタルピッキングシステム ジャングルカートを併用することで全体効率の最適化が可能となります。1台のカートで64オーダー分を纏めてピッキングできるため、作業者の歩行距離を最短に抑えることができます。

モデルシステム

モデルシステム
  • 袋掛機により、集品箱にビニール袋を自動取付け
  • eye-naviで高~中頻度品を効率ピッキング
  • 低頻度品エリアにてジャングルカートで集品したアイテムを供給
  • 保冷剤を投入
  • 集品箱に蓋を取り付け
  • 出荷

お問い合わせ

ソリューションのご相談やお見積もり、
事例についてなど、お気軽に
お問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

受付時間 9:30~17:00
(土日及び当社指定の休業日を除く)
03-6721-3531

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせ