社外からの評価

当社では、サステナビリティの取り組みについて以下の外部評価を受けています。

MSCI 構成銘柄

当社は、米MSCI社が開発した代表的な指標の構成銘柄に選定されました。

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

MSCI社が運用する「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」の構成銘柄に選定されています。MSCIジャパンIMIトップ700指数構成銘柄からESG評価に優れた企業として「AA」の格付を付与されています。

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数につきましては、こちらをご覧ください。

MSCI日本株女性活躍指数

MSCI日本株女性活躍指数

MSCI社が運用する「日本株女性活躍指数」の構成銘柄に選定されています。MSCIジャパンIMIトップ700指数構成銘柄から性別多様性に優れた企業として格付を付与されています。

MSCI日本株女性活躍指数につきましては、こちらをご覧ください。

  • 株式会社ダイフクのMSCIインデックスへの組み入れ、およびMSCIロゴ、商標、サービスマーク、またはインデックス名の使用は、MSCIまたはその関連会社による株式会社ダイフクのスポンサー、保証、または宣伝を構成するものではありません。 MSCIインデックスはMSCIの独占的財産です。MSCIおよびMSCIインデックスの名前とロゴは、MSCIまたはその関連会社の商標またはサービスマークです。

FTSE Russell 構成銘柄

当社は、英ロンドン証券取引所グループのFTSE Russell社が開発したESG投資の代表的な指標の構成銘柄に選定されました。

FTSE4Good Index Series

FTSE4Good

FTSE4Good Index Seriesは環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた対応を行っている企業のパフォーマンスを測定するために設計されたものです。FTSE4Good Index Seriesはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。

FTSE4Goodにつきましては、こちらをご覧ください。

FTSE Blossom Japan Index

FTSE Blossom Japan

FTSE Blossom Japan Indexは、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスで、業種ニュートラルとなるよう設計されています。

FTSE Blossom Japan Index Seriesにつきましては、こちらをご覧ください。


FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexは、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。


  • FTSE Russell (FTSE International Limited と Frank Russell Companyの登録商標)はここに株式会社ダイフクが第三者調査の結果、FTSE Blossom Japan Sector Relative Index組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄となったことを証します。FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。

CDP評価

CDP2021 気候変動

CDP DISCLOSURE INSIGHT ACTION

ダイフクグループでは、CDPが時価総額上位企業に対して実施する「気候変動」に関する調査への回答を通じて当社の取り組みを開示し、「A-」(リーダーシップレベル)の評価を受けています。

CDPにつきましては、こちらをご覧ください。

CDP2021 サプライヤー・エンゲージメント評価

CDP SUPPLIER ENGAGEMENT LEADER

ダイフクグループは、CDPが回答企業に対して気候変動に関するサプライヤーとの取り組みを調査する「サプライヤー・エンゲージメント評価」において、最高評価の「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボード」に初選定されました。

選定企業の一覧につきましては、こちらをご覧ください。

  • CDPはロンドンに本部を置き、気候変動や水、森林資源などの環境分野に取り組む国際的な非営利団体

SOMPOサステナビリティ・インデックス

Sompo Sustainability Index

SOMPOアセットマネジメント株式会社が運用する「SOMPOサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に、10年連続で選定されています。当社のESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みが評価されたものです。

SOMPOサステナビリティ・インデックスにつきましては、こちらをご覧ください。

日本政策投資銀行(DBJ)格付

当社は、日本投資政策銀行(DBJ)が開発した評価認定型融資について、以下の2つの格付を取得しています。

DBJ 健康経営(ヘルスマネジメント)格付

DBJ健康格付

2021年7月、2016年に取得した「従業員の健康配慮への取り組みが特に優れている」という最高ランクの格付を更新しました。

当社のDBJ 健康経営格付取得につきましては、こちらをご覧ください。

DBJ 環境格付

DBJ環境格付

2017年11月、環境格付において「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を再取得しました。(2012年10月に初回取得)

当社のDBJ 環境格付取得につきましては、こちらをご覧ください。

健康経営優良法人2022

健康経営優良法人

経済産業省が日本健康会議と共同で実施し、優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度。大規模法人部門に当社を含む2,299法人が認定されました。

健康経営優良法人の概要につきましては、こちらをご覧ください。

環境・社会への取り組みに対する評価(2020年~2021年)

「脱炭素チャレンジカップ2020」で最優秀ストーリー賞を受賞(2020年2月)

当社総合展示場の日に新た館は、「脱炭素チャレンジカップ2020」において、「最優秀ストーリー賞」を受賞しました。同イベントは、多種多様な団体が日々取り組んでいる地球温暖化防止につながる活動を募集し、発表の場を設けることで、情報共有やさらなる活動の促進を目的とした全国大会です。日に新た館はファイナリストとして最終選考に出場。「CO2排出量ゼロの展示館による脱炭素社会促進活動」と題して、さまざまな取り組みをアピールしました。

「第3回エコプロアワード」で優秀賞を受賞(2020年10月)

当社は、一般社団法人サステナブル経営推進機構が主催する「第3回エコプロアワード」において、優秀賞(経営エコマインド賞)を受賞しました。同賞は、持続可能な社会づくりに寄与することを目的に、日本市場において事業者、消費者、投資家、市場関係者に評価が高く、具体的に優れた環境配慮が組み込まれた製品やサービス、ビジネスモデルを表彰する制度です。当社は、ポストコロナにおける重要セクターの物流において、気候変動や生物多様性の双方へのアプローチをはじめ、環境配慮製品の開発など、ESG評価に優れた企業としての価値を創造している点を評価いただきました。

令和2年度「しが発低炭素ブランド」に認定(2020年12月)

当社のパレット自動倉庫「ラックマスター(Rシリーズ)」が、令和2年度「しが発低炭素ブランド」に認定されました。同認定制度は、社会に広く普及・浸透することで大きなCO2削減効果が得られる滋賀県発の製品・サービスなどを県のブランドとして認定する制度です。「ラックマスター(Rシリーズ)」は、「高効率モーターの標準装備による使用電力量の削減」「回生エネルギーの利用や軽量化による省エネルギー化」「従来機比で年間146.7トンのCO2削減効果」の点が評価されました。

生物多様性びわ湖ネットワークが「日本自然保護大賞2021」で大賞を受賞(2021年1月)

当社の滋賀事業所が参画する「生物多様性びわ湖ネットワーク」が、公益財団法人 日本自然保護協会が主催する「日本自然保護大賞2021」の教育普及部門で大賞を受賞しました。同賞は自然保護と生物多様性保全に大きく貢献した取り組みを表彰するものです。同ネットワークが展開している「トンボ100大作戦プロジェクト ~滋賀のトンボを救え!~」において、参画企業が連携し、トンボを通じた地域の生物多様性の向上と普及啓発活動を合わせて実現していることが評価されました。

「LCAフォーラム 会長賞」を受賞(2021年2月)

当社は、LCA日本フォーラムが主催する第17回LCA日本フォーラム表彰において「LCA日本フォーラム 会長賞」を受賞いたしました。同フォーラムは、LCAに関わる優れた取り組みを顕彰し、「製品のライフサイクルから環境負荷削減に取り組む企業や組織を応援する」ことを目的とした表彰を実施しています。当社は、各種製品へのLCAを適用した「ダイフクエコプロダクツ認定制度」の運用、企業経営におけるLCAの位置づけ、継続的・発展的な実績などが高く評価され、今回の受賞につながりました。

温室効果ガス(GHG)排出量の検証

温室効果ガス排出量算定データ(エネルギー消費量を含む)の信頼性向上のため、第三者機関による検証を受けました。

第三者機関による検証意見書
※画像をクリックして別ウィンドウに表示することができます。