人権

基本的な考え方

現在、地球上では人権(人間が生まれながらにして持っている、人間らしく生きる権利)の侵害によって多くの人が苦しんでいます。グローバルで事業活動を行うダイフクグループにとって、人権への配慮は果たさなければならない重大な責任です。当社グループは「世界人権宣言」をはじめとする国際基準を尊重するとともに、「国連グローバル・コンパクト」の4分野10原則を支持し、従業員およびサプライチェーン上のあらゆるステークホルダーの人権を尊重しています。

  • 1948年、国連総会(パリ)で採択された、すべての人間が生まれながらに基本的人権を持っているということを認めた宣言

グループ行動規範(抜粋)

5-1. 人権の尊重

  • 社員をはじめ事業活動に関わるすべての人々の人権を尊重します。
  • 人種、信条、性別、宗教、国籍、政治的見解、障がいの有無などを理由とした差別や不利益な取り扱いを一切しません。
  • 一切の強制労働や児童労働を認めません。
  • いかなるハラスメントも容認しません。

ダイフクグループ人権方針

当社は、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」に則り、2021年10月に「ダイフクグループ人権方針」を策定しました。当社グループは、これまで社是「日新(ひにあらた)」のもと、グループ行動規範において「人権の尊重」をうたい、一人ひとりが自らの力を最大限発揮できる環境づくりに努めてきました。今後も、「人権の尊重」が事業と組織の持続的な成長における最も重要な責任の一つであると認識し、本方針に対する従業員およびすべてのビジネスパートナーの皆さまのご理解と実践を通して、持続可能な社会の実現へ貢献していきます。

ダイフクグループ人権方針(PDF : 573KB)

推進体制

サステナビリティ委員会の傘下に調達、人事総務、法務、サステナビリティ等複数部門からの選任者で構成する「人権・サプライチェーン分科会」を設け、人権デュー・ディリジェンスの体制構築や実務の管理を行っています。

推進体制の図
2022年度の推進体制

主な取り組み

サプライチェーンにおける人権配慮

当社では、安全や品質・コスト・納期に加えコンプライアンスや人権などの要素を盛り込んだ独自の「CSR調達基準」を策定し、取引先の皆さまとともにサプライチェーン全体でサステナビリティの取り組みを推進しています。今後は、サプライチェーンも含め事業活動全般に関連する人権への負の影響を特定・評価し、是正・緩和・予防する人権デュー・ディリジェンスを進め、継続的な実施と改善に取り組みます。

サプライチェーンマネジメント

ハラスメントへの対応

当社では、「人事相談室」を設置し、社内ルールや人事評価のほか、セクシュアル・ハラスメント、パワー・ハラスメントなどの相談に対応しています。プライバシーを配慮した上で、従業員が相談しやすい環境づくりに努めています。

人権に関する教育・啓発

新入社員、キャリア採用者、中堅社員、係長職などを対象に行う階層別研修にて、人権に関する講義およびワークショップを実施しています。また、有識者によるセミナーを開催し、その動画を社内ネットワークに公開して従業員の理解促進を図っています。2021年度は、国内グループの管理職向けにハラスメントセミナーを3回実施しました。

英国現代奴隷法への対応

英国の子会社Daifuku Logan Ltd.では、英国法“Modern Slavery Act 2015”への対応として、“Anti Slavery Statement 2022”を発行し、当社英国サイトで開示しています。

Anti Slavery Statement 2022(英語)(PDF : 471KB)