個人投資家の皆さまへ

ダイフクってどんな会社?

世界一のマテリアルハンドリング(マテハン)の総合メーカー
当社は、80年以上にわたって、マテハンメーカーとして発展してきた、他に例を見ないユニークな存在です。

マテハンとは?

社是・経営理念

社是

今日の「われ」は
昨日の「われ」にあらず
明日の「われ」は
今日の「われ」にとどまるべからず

Today we are doing better
than we were yesterday.
Tomorrow we will be growing
ahead of where we are today.

経営理念

モノを動かし、心を動かす。

ダイフクは、マテリアルハンドリングを核とする「モノを動かす技術」で、心豊かに生きられる社会を創造します。

私たちは、

  • 人と環境への負荷を最小化し、人権の尊重と責任あるものづくりを実践することで、持続可能な社会の実現に貢献します。
  • 世界のお客さまと誠実に向き合い、革新的技術と最適最良のソリューションでスマート・ロジスティクスを実現します。
  • 多様性を尊重する自由闊達な企業風土のもと、一人ひとりが変革に挑戦します。同時に、経営基盤を強化し透明性の高いグローバル経営を行います。

6つの主要事業

ソリューション事例はこちら

ダイフクの強み

マテハン業界での圧倒的なプレゼンス

ダイフクは、世界各国・地域のさまざまな分野のお客さまに向けて、最適・最良のソリューションを提供してきました。おかげさまでマテリアルハンドリングにおいて、7年連続売上高世界一となりました。今後もグローバルで人財と拠点を活用し、増大する需要に対応していきます。

世界のマテハンメーカー売上高 上位10社

売上高の65%以上が海外市場

ダイフクは、世界最適地生産・調達体制の整備に努めています。現地法人などを世界26の国と地域に展開し、連結子会社は国内外合わせて66社に及びます。

海外売上高・国内売上高・海外売上高比率

マテハンの進化をリード

ダイフクは1937年の創業以来、モノを動かす”マテリアルハンドリング(マテハン)”に携わってきました。さまざまな分野において、保管、搬送、仕分け・ピッキング、情報システムというマテハンの多様な要素を組み合わせ最適・最良のソリューションを提供するため、ダイフクは市場ごとに特化したシステム・機器を開発し、その領域を広げてきました。

画面を拡大してご覧下さい。

沿革の詳細はこちら

トータルソリューション

ダイフクの強みは、システムを構成するハードウェア・ソフトウェアを自社で開発し、コンサルティングから設計・生産・据付・保守まで、お客さまに対する一貫したサポート体制を構築していることです。複雑な条件のシステム設計、トラブル発生時の調整といったニーズにも自社で迅速に対応し、メーカーであるとともにシステムインテグレーターとしてのノウハウを磨いてきました。この強みをグローバルレベルで確立し、厳しい市場競争に打ち勝っていきます。

画面を拡大してご覧下さい。

TOTAL SUPPORT

サービスでお客さまとの長期にわたる関係を築く

納入したシステム・製品を対象にした保守・メンテナンスなどによる売上高。幅広いサービスメニューを提供しており、安定的な収益につながっています。

サービス売上高

アフターサービス
  • 定期点検
  • システム保守契約
  • 安全技能教育
  • ファシリティサービス
  • トラブル対応
  • パーツ供給
  • リモートメンテナンス
  • 予知予防システム
  • オンサイトサービス
  • 改造、リニューアル

今後の成長を支える人材力

グローバルネットワークの拡大に伴い連結従業員数が増加しています。多様な人材の能力を最大限に活用し、組織の活性化を図っています。

人材育成の詳細はこちら

ダイフクの成長戦略

中期経営計画「Value Transformation 2023」では、ダイフクグループを取り巻く環境の大きな変化を踏まえ、期間は3カ年としました。DX2(DXスクエア)=Digital Transformation × Daifuku Transformationを推進し、お客さまや社会の課題解決を通じて、持続可能な社会の実現への貢献と企業価値の向上を目指します。

経営目標

画面を拡大してご覧下さい。

連結売上高5,400億円 営業利益率10.5% ROE10%以上を安定維持(各年度) 配当性向30%以上(3カ日年平均)

中期経営計画のテーマ

画面を拡大してご覧下さい。

中期経営計画の詳細はこちら

業績は?株主還元は?

売上高・営業利益の推移

株主還元についての基本的な考え方

ダイフクは、株主の皆さまに対する利益還元を最重要課題と位置付けています。現中期経営計画「Value Transformation 2023」では、2021~2023年度の3カ年平均で連結配当性向30%以上を目指します。

株価情報ページはこちら

ダイフクの価値創造

ダイフクは、社是「日新(ひにあらた)」のもと、お客様の競争優位性を高める「バリュートランスフォーメーション」を推進するとともに、社会の発展に貢献し、企業価値向上に取り組んできました。

画面を拡大してご覧下さい。

最新の統合報告書はこちら

社会・環境への取り組み

ESG(環境・社会・ガバナンス)やサステナビリティ(持続可能性)などへの取り組み推進の観点から、ダイフクグループでは、中期経営計画とサステナビリティアクションプランを経営戦略の両輪に位置付け、それらの実行を通してSDGs(国連の持続可能な開発目標)の達成に貢献していきます。

ガバナンスについてはこちら

各種資料ダウンロード

有価証券報告書

各年度の有価証券報告書および四半期報告書をご覧いただけます。

統合報告書

当社の価値創造、成長戦略、サステナビリティへの取り組みなどを記載している統合報告書をご覧いただけます。

ダイフクPROFILE

会社情報をコンパクトにまとめたダイフクPROFILEをご覧いただけます。

株主通信

株主通信をご覧いただけます。