ニュース・トピックス

2017年10月26日
株式会社ダイフク

「CDP 2017 気候変動質問書」において「A-」の評価

当社はこのほど、CDP*による気候変動への取り組みに関する調査について、8段階の中で最高スコア「A」に次ぐ、「A-(リーダーシップレベル)」と認定されました。特に、ガバナンスと戦略の項目において高い評価をいただいています。

当社は、「ダイフクのCSR」の取組テーマのひとつとして、「企業活動を通じた環境貢献」を掲げており、環境経営推進委員会においてグローバルでの気候変動リスク及び機会を審議すると共に、環境配慮製品の拡充による温室効果ガス削減や主要生産拠点である滋賀事業所の生産最適化を通じて、気候変動対策を進めています。

パリ協定など持続可能性に関わる国際的な枠組みによって事業環境が変化する中、気候変動をはじめとした環境対策への取り組みと同時に、非財務情報の積極的な開示をより一層推進します。

*CDPはロンドンに本部を置き、気候変動や水、森林資源などの環境分野に取り組む国際的な非営利団体です。運用資産総額100兆米ドルを有する800以上の機関投資家に代わり、環境戦略や温室効果ガス排出量に関連する情報開示を求める調査を実施し、企業からの回答内容に基づき評価結果を公表しています。

当社の環境の取り組みについては、こちらをご覧下さい。

本件に関するお問い合わせ先
環境品質グループ TEL:0748-53-8325

報道関係からのお問い合わせ先
広報部 TEL:03-6721-3505

pageTop