KPI

KPI
内容 目標
2021年度 2022年度 2023年度
取締役会の実効性向上 実効性向上への取組実施
社員意識の徹底 グループ行動規範のグローバルでの浸透策実施
確実な内部監査実施 国内部署・現地法人での内部監査(全300件/3カ年)実施と内部評価の適合維持

*横にスクロールすることができます。

推進体制

「世界に広がるお客さまと社会の発展に貢献」「健全で成長性豊かなグローバル経営」を柱とする経営理念の下、強い企業体質の構築に向け、コーポレート・ガバナンスの向上に注力しています。その取り組みの一つとして、社外取締役を4名選任するとともに、取締役等の指名や報酬決定に関する諮問委員会を設置し、独立社外取締役をその議長とします。

活動

取締役会の実効性評価

取締役会の実効性に対するダイフクの基本方針は、継続的にPDCAのサイクルを回して改善に努めることです。2020年2月に第5回目となるアンケートを実施しました。従来同様外部機関に直接回答することで匿名性を確保し、より率直な意見の収集に努めるとともに、他社比較の観点を取り入れて分析しました。前回と比べると全体平均は変化しなかったものの、「取締役会内の意識の乖離が小さくなった」「問題認識やガバナンスに関する意識がさらに高まっている」とのコメントを外部機関からいただきました。

英国における税務戦略

ダイフクグループは、マテリアルハンドリングを通じて、事業活動と社会的健全性を両立させ、さらなる成長を目指しています。適切で公正な納税を実施し、国や地域の発展に寄与するとともに、英国における税務戦略を当社英国サイトの“Tax Strategy”に開示しています。