日に新た館について

1994年6月に、株式会社ダイフクの技術とノウハウのすべてを結集して、マテハン・ロジスティクスの総合展示場「日に新た館」を開館しました。物流システム・機器のほぼすべてがそろい、実稼働しています。日に新た館にはマテハンとロジスティクスの問題解決のためのヒントがあります。
ダイフクとロジスティクスに関連ある約30社を含め、最新のシステムを多数展示しております。運用システムや物流設備をより深く理解していただくために、すべてのお客さまに専任スタッフによる説明案内(日本語・英語・中国語・韓国語)を行っております。
また、車椅子での全館対応など、日に新た館ではユニバーサルデザインの実現にむけ、今後とも皆さまに喜んでいただける施設づくりを目指しております。

日新

日に新た館の名前の由来は、ダイフクの社是「日新」からきており、社内公募で付けられました。

建物面積 6,049m2(100m×60m)
建物高さ 25.1m
延床面積 19,482m2
駐車場 バス3台、乗用車15台
開館時間 AM9:00~PM3:30(予約制)
休館日 土曜日、日曜日、祝日
設備 イベントホール
応接室
レストラン「紫野」
国際会議場

運営部門

運営部門 株式会社ダイフク 日に新た館
代表者名 館長 加藤 康弘
住所 滋賀県蒲生郡日野町中在寺1225 〒529-1692
株式会社ダイフク 滋賀事業所内
交通アクセス
TEL 0748-53-3970
FAX 0748-53-3921

日に新た館の歴史

1994年6月1日 日に新た館オープン
自動車組立ライン向けシステム、保管・搬送システム、ピッキング・仕分けシステムを展示
1999年 来館者10万人を突破
ロジスティクス総合展示ホールをオープン
2005年 来館者20万人を突破
2006年 コンテック製電子機器を展示
2007年 クリーンルーム向け搬送システムを展示
洗車機を展示
2008年 グローバルコーナーを展示
2010年 太陽光発電システム設置し、年間110トンのCO2を削減
来館者30万人を突破

来館者30万人を突破

2014年 カーボンオフセットを実施し、「CO2排出ゼロの展示場」に
2015年 リサイクル燃料使用のラッピングバスを走行開始
2016年 来館者40万人を突破
2017年
ギネス世界記録「折り紙作品の最も長いチェーン」

当社創立80周年イベントでギネス世界記録「折り紙作品の最も長いチェーン」を達成

3D映像コーナー「VR LAB」をオープン
2018年 空港向けシステムを展示
2022年 来館者50万人を突破
2022年6月1日
リニューアルオープン

リニューアルオープン
最新のマテリアルハンドリングシステム・機器54種を新たに展示
顧客納入事例や現場での活用方法を映像でもご紹介

環境への取り組み

太陽光発電システム

太陽光発電システム

幅60m×長さ70mの屋上に、太陽光発電システムを設置しています。年間約26万kWhの発電量(日に新た館の年間電力使用量の30%に相当)、CO2は年間110トンの削減を見込んでいます。

カーボン・オフセット

カーボン・オフセット

日に新た館に関わる電力使用量と液化石油ガス(LPG)使用量および、送迎バスの軽油(バイオディーゼル燃料含む)使用量から算出した年間CO2使用量の100%カーボン・オフセットを2014年から実施しています。