ディスクロージャー・ポリシー

1. 基本方針

当社グループは、グループ行動規範において定めている「企業情報の開示については、的確、迅速かつ公平、公正に行い透明性を確保します。」に則り、適時適切な情報開示を行う。
このための社内機関として開示委員会を設け、開示に関わる情報を一元管理する。

関係法令や証券取引所の適時開示規則に該当しない場合でも、当社を理解していただくために有用であると判断した情報は、積極的に開示する。

2. 情報の開示方法

適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて開示する。原則として、東京・大阪の証券記者クラブへの資料投函を行う。開示した情報は、当社ウェブサイトにおいても速やかに掲載する。

また、適時開示規則に該当しないが当社を理解していただくために有用と判断した情報についても、当社ウェブサイト上に掲載する。

3. インサイダー取引の未然防止

当社グループは、グループ行動規範において「インサイダー情報は厳重に管理し、取り扱いには十分に注意します。」と定めている。また、インサイダー取引防止規程も定めており、適切な運用を徹底するため、役員および従業員の教育にも注力する。

4. 沈黙期間

当社グループは、決算情報の漏洩を防止し、公平性を確保するため、各四半期の決算期日の翌日から各決算発表日までを沈黙期間とし、決算に関する質問への回答やコメントを控える。沈黙期間中に業績予想値が大きく乖離することが判明した場合は、適時開示規則に従って情報を開示する。

画面を拡大してご覧下さい。

適時開示体制図
適時開示体制