基本的な考え方

1937年の創業以来、ダイフクはモノを動かす"マテリアルハンドリング(マテハン)"に携わり、これまで、保管、搬送、仕分け・ピッキングといったマテリアルハンドリング製品をさまざまな市場ごとに開発・ご提供してきました。
当社を取り巻く事業環境は、世界的なeコマースへの対応など物流関連投資の拡大に加え、自動化・大規模化の傾向にあり、今後ますます人手不足解消や生産性向上への投資が見込まれます。これら急拡大する社会からのニーズに対し、新たな技術開発や先端技術の利活用による更なる効率化や自動化、コスト削減などで「スマート社会」の実現に貢献します。

マテリアリティ