人間尊重

基本的な考え方

一人ひとりが能力を高め、組織として力を発揮することにより、社会やお客さまをはじめとするステークホルダーの皆さまからのさらなる信頼が獲得できます。当社を取り巻く経営環境はめまぐるしく変化しいますが、一人ひとりの社員が最大のパフォーマンスを発揮できる「安全で、多様性に富んだ、人権に配慮された、自らの能力を向上できる、働きがいのある」職場環境づくりに努めます。
その前提として、ダイフクグループは「世界人権宣言」をはじめとする国際基準を尊重するとともに、国連グローバル・コンパクト署名企業として「グローバル・コンパクト10原則」を支持し、従業員およびバリューチェーン上のあらゆる関係者の人権を尊重しています。

  • 1948年、国連総会(パリ)で採択された、すべての人間が生まれながらに基本的人権を持っているということを認めた宣言

マテリアリティ