基本的な考え方

さまざまなステークホルダーに対する社会的責任を遂行する上で、事業のグローバル化に伴う経営基盤の強化は極めて重要です。我々が考える経営基盤には「ガバナンス」「コンプライアンス」「リスクマネジメント」「サプライチェーンマネジメント」「情報セキュリティ」および「情報開示と対話」を含んでおり、主としてESGにおけるG(ガバナンス)の強化を経営層のリーダーシップによって図っています。この中では、事業を取り巻くあらゆるリスクに対して、経営理念・グループ行動規範に則りグループ全体で共有し、対策を講じることでリスク顕在化の未然防止と有事に強い企業体制構築に取り組んでいます。

マテリアリティ