ガバナンス

「世界に広がるお客さまと社会の発展に貢献」「健全で成長性豊かなグローバル経営」を柱とする経営理念の下、強い企業体質の構築に向け、コーポレートガバナンスの向上に注力しています。その取り組みの一つとして、独立社外取締役を2名選任するとともに、取締役等の指名や報酬決定に関する諮問委員会を設置し、独立社外取締役をその議長とします。

内部統制システム

内部統制システムは、会社法に沿って体制を構築しています。大きな役割を果たす内部監査室は、財務報告の信頼性を確保するための業務を中心に、諸般の業務活動上のリスクを把握の上、各部門における内部統制体制の構築を支援し、また、内部監査室以外から選任された「内部検査人」による、内部統制の整備および運用状況の有効性を評価するテストを実施するなど、内部統制システムに関するPDCAサイクルを一元的に管理しています。

コンプライアンス

社長を委員長とする「コンプライアンス委員会」を設置するとともに企業行動規範を制定し、法令遵守・公正性・倫理性を確保するための活動を行っています。

この一環として、全社的にコンプライアンス研修を実施し、一人ひとりのコンプライアンスに対する意識を高めています。また、近年のグローバルレベルでの法令違反リスクに対応するため、「競争法」と「贈収賄防止法」を遵守するための基本規定およびそれらに基づく具体的な対応・手続などを定めた細則を制定するとともに、社長から全社員に対し、コンプライアンスの重要性を理解してもらうためのメッセージを配信しています。

加えて、社員および外部の方から当社グループのコンプライアンスに関する質問や相談に対応するため、社内に相談窓口(法務部)を設置するとともに、社外弁護士直通の社外相談窓口も設置しています。また、海外現地法人の社員も相談窓口に連絡できる仕組みを導入しています。

情報セキュリティ

事業遂行に関連し多くの重要情報や個人情報を入手することがあります。これらの情報の外部への流出防止・目的以外への流用などが起らないよう情報セキュリティ委員会を組織し、情報セキュリティ基本方針や情報セキュリティマネジメント規定などを定め、周知徹底および運用を図っています。社内にあるITリスク因子の評価と対策により、グローバル企業に相応しい情報セキュリティへの取り組みを本委員会が主体となって強力に推進していきます。

活動の指針

  1. IoT(Internet of Things)、M2M(Machine to Machine)時代に即した、事業に貢献するセキュリティを検討する
  2. 情報セキュリティ施策の推進は、常にグローバル展開を念頭に置いて検討する
  3. リスク因子に基づく課題設定と定量/客観的な実績評価の定着

活動の枠組み

腐敗防止・競争法遵守

コンプライアンス倫理研修の実施

社長から全社員に対し、コンプライアンスの重要性を理解してもらうためのメッセージを発信しています。
さらに、近年グローバルレベルで重要性が増大している競争法遵守および贈収賄防止の分野については、社内報や各種研修において教育・啓発を行うことに加え、国内外の各拠点において集合研修を継続的に実施しています。
また、新入社員や新任管理職等を対象とした階層別の研修などの機会には、下請法や安全保障輸出管理法制といった各種法令の遵守に加え、人権の尊重や職業倫理に関する講習を行い、コンプライアンス意識の浸透と定着を図っています。

実施した研修の例

  • 階層別研修
  • 海外赴任者向け研修
  • 役員向け研修
  • 競争法遵守および贈収賄防止に関する説明会
pageTop