プライバシーポリシー

個人情報保護方針

ダイフクグループの情報保護方針

当社では、情報資産の保護(以下「情報セキュリティ」)が、当社の果たすべき重要な社会的責任のひとつと考え、情報セキュリティを最大限に確保することを目的に、情報セキュリティ基本方針を定めております。
情報セキュリティ基本方針

個人情報保護に関しても、その重要性を認識し、以下の「個人情報保護方針」に基づき、保護に努めます。

  1. 個人情報を収集する場合は、目的を明確にし、同意を頂いた範囲内でのみ利用します。また、同意なく第三者に提供及び開示しません。
  2. 個人情報に関する法令、諸規範および契約を遵守し、安全に蓄積・保管し、当該情報への不正アクセス、紛失、破壊、改竄および漏洩に対して適切な予防並びに是正措置を講じます。
  3. 個人情報に対する訂正、更新、削除、その他問合わせ窓口を設置し、お問合わせに対して合理的な範囲で適切に対応します。
  4. 社会情勢や皆さまのニーズに対して個人情報の適切な保護管理を追求し、当社の個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムを遵守し、継続的に改善します。

2005年3月制定

1.個人情報収集の目的

当社は、お客さまのご要望に沿った製品、情報、サービスを提供し、お客さまへのサービス強化によるご満足度の向上を実現することを目的として、個人情報を収集します。
具体的には、当社が運営する各種サービスにおいて、利用されるお客さまに対して、主に以下の目的で個人情報(お名前、メールアドレス、会社名、勤務先住所、勤務先電話番号など)の提供をお願いする場合があります。

  • セミナー・イベント・各種キャンペーンへのお申し込み
  • オンラインアンケートへのご回答
  • 資料やカタログ、メールで情報提供のご請求
  • ご要望・お問合わせ・お見積もり時の本人確認
  • その他、よりよい商品、サービスをご提供するためのお客さまと当社との各種コミュニケーションの際にご提供いただく個人情報

上記以外の用途で個人情報を入力いただく場合には、その目的を明確にし、最小限の個人情報に限らせていただきます。

2.個人情報の利用および提供

当社では、下記の範囲で、お客さまの個人情報の利用、およびご本人さまへの個人情報の提供を行います。

  1. 当社は、原則として、お客さまにサービスの内容や目的を明示せずに、またはお断りなくお客さまから個人情報を収集することはありません。
  2. 当社では、お客さまの個人情報を利用し、電子メール、郵送、FAX、電話などの各種メディアを通じて、お客さまとのコミュニケーションをとらせていただく場合があります。なお、お客さまは当社へご連絡いただくことにより、いつでもサービスの受入れを拒否することができます。
    • 新製品情報、技術情報、各種サービスのご案内
    • カタログ、コミュニケーション情報誌、各種資料のご送付
    • 展示会、セミナー、キャンペーン、アンケートなど、各種イベントご案内
    • お客さまが購入された商品、申し込まれたサービスに関わる、必須の確認行為およびご案内
  3. 当社では、当社で管理している個人情報を正確かつ最新の内容に保つため、お客さまによる照会・確認、変更、削除などのご要望にお応えしています。
    あらかじめお知らせした当社対応窓口、または「当社の個人情報保護に関する窓口」までお申し出ください。

3.個人情報の第三者への開示

当社は、下記のいずれかに該当する場合を除き、お客さまの個人情報をいかなる第三者にも開示いたしません。

  1. お客さまの同意がある場合。
  2. お客さまへサービスや情報を提供するために、必要な範囲内で業務委託先(当社との間で秘密保持契約を締結している企業)に、必要な限度において開示する場合。
  3. お客さまへサービスや情報を提供する上で、当社グループ会社など関係会社や販売店から回答、フォローさせていただくことが適切と判断される場合。
  4. 法令などにより、開示が要求された場合。

4.個人情報の適正管理

当社は、お客さまからご提供いただいた個人情報を保護するため、下記の通りの適正管理を行っています。

  1. 当社は、その管理下にある個人情報の紛失、誤用、改変を防止するために、厳重なセキュリティー対策を実施しています。
  2. 当社は、登録された個人情報を、権限のないものがアクセスできないファイヤウォール内の安全な(アクセスコントロールやパスワードコントロールの施されている)環境下に保管しています。

5.クッキー(Cookies)の利用

当社ウェブサイトでは、訪問されたお客さまが快適にコンテンツの閲覧ができるようクッキー(Cookies)を使用している場合があります。クッキーはお客さま個人を特定するものでも、お客さまのプライバシーを侵害するものでもありません。
なお、お客さまはブラウザの設定により、クッキーの受取りを拒否することが可能です。
クッキーを許可しない設定で当社ウェブサイトを閲覧された場合、繰り返し同じ確認画面が現れたり、一部コンテンツが利用できない場合が生ずることがあります。

情報セキュリティ基本方針

この方針は、当社および子会社(以下、「当社グループ」という)が保有する情報資産の保護を確実なものとするための、情報セキュリティに関する最上位基本事項について定める。

以降に示す情報セキュリティ管理策のそれぞれの詳細については、情報セキュリティ規定にてこれを定める。

  1. 情報セキュリティマネジメント体制
    情報セキュリティの運用を行うため、情報セキュリティマネジメントを推進する組織を設置し、グループ全体の情報セキュリティ推進策を決定し、展開する。
  2. 情報資産の管理
    保護すべき情報資産を整理、区分し、それぞれの重要度を認識し、情報資産の記録形態に応じて適切な管理を行う。
  3. 情報システム管理
    情報資産を取り扱う情報処理機器の正確かつセキュリティを保った運用を確実にするため、情報資産を取り扱うすべての情報システムについて、次の対策を行う。
    (1)ネットワーク管理
    (2)システム管理
    (3)データ管理
    (4)脆弱性管理
    (5)変更管理
    (6)ログ管理
  4. 物理環境管理
    当社グループの情報資産を取り扱うすべての領域について、認可されていない物理的アクセス、損傷および妨害を防ぐため、物理的な防御、防犯、防災対策および入退出管理などの必要な管理要件を定めたうえで、安全に管理されることを確実にする。
  5. 人的資源管理
    雇用前から雇用終了時までの期間において、役員、従業員、派遣社員その他当社の情報資産を利用するすべての者が取り扱いルールを理解しているか、また情報セキュリティ利用の責任を認識し、業務遂行することを確実にするため、この方針、および情報セキュリティや情報資産にかかわる規定の遵守の順守、誓約、情報システム利用、教育および啓発の管理策を定め、人為的な情報セキュリティ事故を防ぐ対策を行う。
  6. 外部委託管理
    情報資産の取扱いに関わる業務を外部に委託する場合、情報資産の保護を確実にするため、機密保持に関する契約を締結したうえで、外部委託先が遵守すべき責任範囲を明確にし、管理する。
  7. コンプライアンス管理
    情報セキュリティに関する法的規制、契約上の義務違反ならびにセキュリティ上のあらゆる要求事項に対する違反を避けるため、この方針、情報セキュリティ規定、ならびに各国および各地域に応じて作成されたルールに基づく情報資産の取扱いと情報セキュリティ管理策は、各国の法令を遵守する。
  8. インシデント管理
    ウイルス感染による情報漏えいなどすべてのセキュリティ事象に関する伝達を含む情報セキュリティインシデントの管理のための一貫性のある効果的な取り組みを確実にするため、インシデント対応計画や体制を構築する。
  9. 事業継続管理
    脅威となるリスクに関わらず情報システムの重大な故障から事業活動の中断に対処するとともに、それらから重要な業務プロセスを保護し、事業活動および重要な業務プロセスの時期を失しない再開を確実にするため、事業継続のための計画、訓練、報告の仕組みを構築する。
  10. 評価と監査
    推進する情報セキュリティ施策への取り組み状況や有効性評価を行い、情報セキュリティ管理の維持向上を図るため、定期的な評価、又は監査を行う。

2005年4月制定
2016年4月改定

当社の個人情報保護に関する窓口

個人情報保護に関するお問い合わせは、お問い合わせページからお願いします。

お問い合わせページ

注)本人以外の方への開示(いわゆる「なりすまし」など)を防ぐため、経済産業省の「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」に沿い、本人確認のための書類(免許証の写し等)の郵送などをお願いすることがあります。また、同ガイドラインで認められた合理的な手数料をいただくことになりますので、ご了承ください。

個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン
pageTop