ニュース・トピックス

2016年7月1日
株式会社ダイフク

日本政策投資銀行の「DBJ健康経営格付」で最高ランクを取得

株式会社ダイフク(本社:大阪市西淀川区、社長:北條正樹)はこのたび、株式会社日本政策投資銀行(本社:東京都千代田区、以下「DBJ」)が実施する「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」制度の評価において、最高ランクの格付を取得しました。

「DBJ健康経営格付」は、DBJ独自の評価システムにより、従業員への健康配慮の取り組みに優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するものです。

ダイフクはこれまで「DBJ防災格付」(現「DBJ BCM格付」)を2012年2月に、「DBJ環境格付」を2012年10月に取得しており、今回の「DBJ健康経営格付」の取得により、DBJが提供する評価認証型融資制度に基づく3つの格付すべてを取得しました。

今回の「DBJ健康経営格付」では、以下の点が評価されました。
  1. 全社横断的な専門組織「こころと体の健康づくり委員会」を2006年度より組織し、産業医・保健師・健康保険組合と一体的に、重要課題として掲げた有所見者率低減などに向けて、数値目標を設定しながらPDCAサイクルを着実に運用している点
  2. 外部の分析専門事業者も活用した、健診データやレセプトデータなどに関する多様かつ多角的な分析を通じて、上記課題を特定していることに加え、事業所ごとに生活環境なども踏まえて課題の原因推定を行った上で、運動セミナーやプログラムなどの対策を講じている点
  3. 全従業員に生活習慣病健診を行い、高リスク者には「はらすまダイエット」などの対策を個別に実施していることや、メンタルヘルス不調者の早期発見策として人事異動者全員に保健師面談を実施しているなど、従業員各人に対して手厚い配慮を行っている点

弊社は今後も従業員一人一人の仕事と生活の質の向上を目指すために、安全を確保しながら、快適かつ衛生的な職場づくりに努めるとともに、従業員の健康維持・増進のための活動を推進します。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ダイフク 広報部 TEL:03-3456-2245/FAX:03-3456-2258

pageTop