ニュース・トピックス

2015年12月2日
株式会社ダイフク

滋賀県日野町野出区とダイフクが災害時一時避難受け入れ協定に基づき、避難訓練を実施

滋賀県日野町野出区(区長:川西治夫)と株式会社ダイフクは、日野町(町長:藤澤直広)と締結した災害時の一時避難場所施設利用に関する協定に基づき、11月22日に住民避難訓練を実施しました。

今回の避難訓練は、野出区を流れる河川の氾濫を想定したもので、同区の住民44名が参加しました。住民の皆さんは、集会所から当社・滋賀事業所まで約2.5kmを徒歩で移動して事業所内の食堂に集合、その後、日野町総務課による出前講座「自主防災活動」を聴講され、防災意識を高めました。「今後も、ダイフクさんのご協力を得ながら継続して訓練を実施していきたいと思います」(川西治夫区長)

同協定は2015年3月に日野町の申し出により締結し、同町の野出区(200名)および中在寺区(256名)の住民を対象に、災害時における緊急避難場所として当社・滋賀事業所を一時的に提供することとしています。当社では、日野町長による避難勧告が発令された場合に、平日・休日を問わず、事業所での一時避難受け入れ態勢を整えており、両区の住民約450名の1日分に相当する食料を備蓄しています。

当社は、BCP(Business Continuity Plan=事業継続計画)の一環として、国内主要拠点において、防災危機管理にかかわる訓練の実施や、防災備品の拡充に加え、帰宅困難者用の備蓄品を配備しています。今後も地域・社会との良好な関係づくりに向けた継続的な社会貢献活動に取り組んでまいります。

  • 日野町避難訓練1

  • 日野町避難訓練2

お問い合わせ先
広報部 TEL:03-3456-2245

pageTop