ニュース・トピックス

2014年8月26日
株式会社ダイフク

総合展示場「日に新た館」が排出するCO2のカーボン・オフセットを実施 ― DAIFUKUエコアクション制度の一環として ―

当社はこのたび、マテハン・ロジスティクス総合展示場「日に新た館」(滋賀県蒲生郡日野町、当社滋賀事業所内)に関わる電力使用量、液化石油ガス(LPG)使用量および、同館送迎バスの軽油(バイオディーゼル)使用量から算出した年間CO2排出量(337.8トン-CO2、2013年度)の100%カーボン・オフセットを実施しました。

今回のカーボン・オフセットは、「DAIFUKUエコアクション」の一環として行いました。DAIFUKUエコアクションは、琵琶湖のヨシ刈りや外来魚駆除釣り大会など社員の環境活動に対してエコポイントを付与する制度で、社員が獲得したポイントは図書カードやエコ商品、震災復興商品などと交換でき、また、ポイントと同等の金額を社外への寄付などを通じて環境貢献に使用する独自の取り組みです。2013年度は延べ1,697人の社員がエコアクションに参加し、1万680ポイントを発行、金額換算で約107万円になりました。
このうち39万円をカーボン・オフセットに充当し、地元企業の環境活動の一助となるよう滋賀県の認証クレジット(排出権)2件を購入しました。残りの68万円については、滋賀県立琵琶湖博物館へ環境教育活動支援として昨年に引き続き寄付しました。

当社は生産の中核拠点である滋賀事業所を中心に、事業活動や輸送に関わるCO2排出量の削減に努めているほか、太陽光発電システム「ダイフク滋賀メガソーラー」の設置や生物多様性保全活動にも取り組んでいます。この自然豊かな滋賀事業所を持続可能な形で次世代へ引き継いでいくことが当社の社会的責任のひとつと認識しております。また、総合展示場「日に新た館」を通じて、社外との環境コミュニケーションの活性化を図っていきます。

<カーボン・オフセット情報>

  • ■ 対象
    (1)総合展示場「日に新た館」:電力使用量、LPG使用量
    (2)同館「送迎バス」:軽油使用量(バイオディーゼル燃料5%含有)
  • ■ 購入クレジット
    (1)認証番号:8054401(国内クレジット)
    (2)認証番号:0196001(オフセット・クレジット(J-VER))
  • ■ オフセット量
    合計338トン-CO2
    内訳(1)321トン-CO2、(2)17トン-CO2
  • ■ オフセット率
    100%(CO2排出量337.8トン-CO2に対して)
「滋賀県立琵琶湖博物館への寄付」の新着情報はこちら

お問い合わせ先
広報部 TEL:03-3456-2245

pageTop