FF DAIFUKU|新卒採用サイト|Work|社員紹介|萬井 優太

社員紹介 お客さまとダイフクをつなぐエンジニアリング業務。グローバルな仕事の醍醐味を体感する日々がそこに。

社員紹介 お客さまとダイフクをつなぐエンジニアリング業務。グローバルな仕事の醍醐味を体感する日々がそこに。

03

YUTA MANI 萬井 優太

クリーンルーム事業部 エンジニアリング
2017年入社
工学部 メディア通信工学科卒

MY CAREER キャリアの歩み
  • 2017年4月 入社後、新人研修を受講
  • 2017年9月 クリーンルーム事業部 EG部 SE1グループ 第1チームへ配属
  • 2018年4月 中国のFPDメーカーの案件を担当。現在に至る
Q1ダイフクに入社した理由は?
まず、今後の社会の変化(インターネット通販の利便性の向上、高齢化社会に伴う労働力不足など)について考えたときに、マテハンは必ず社会に必要とされ、継続的な飛躍が期待できる業界だと思ったことがあります。なかでもダイフクは業界トップシェアの会社であり、海外現地法人が各国にあってグローバル人材の育成にも力を入れています。
自分がそこで働けば海外で活躍できるチャンスが広がると考えたのが大きな理由です。
Q2現在の仕事内容は?
クリーンルーム事業部では主にFPD(Flat Panel Display)工場と半導体工場にシステムを納入しており、私は現在中国のFPDメーカーの制御エンジニアリングを担当しています。
エンジニアリング業務は、お客さまへの案件引き合いの段階では見積書やお客さま要望に沿うシステムの概要を提案書として提出、受注後にシステムの詳細を記した契約仕様書を作成し、工場へ引継ぎするまでが主な仕事になります。さらに、受注後に発生したお客さまからの改善要望を解決するソリューションを提供することもあります。私は日々、お客さまと中国で打ち合わせをしたり、Web/電話会議を行ったりしながらニーズを具体化し、関係各部署の意見や要望ともすり合わせて最適なシステムを提供できるように努めています。
現在の仕事内容は?
Q3ダイフクならではの仕事の面白さは?
勤続年数に関係なく、受注金額が100億円を超えるような大規模プロジェクトに携われることです。
FPDの工場にはお客さま先の生産性に大きく関わる全自動搬送システムを納入しているため、少しのミスや捉え方の違いがあればお客さまに多大な損害を与えかねません。そのような緊張感の中で計画段階からお客さまと工場をつなぎ、同じ目標に向かってシステムを構築できることにとてもやりがいを感じます。文化や言葉が異なる海外のお客さまと仕事をする苦労はありますが、自分自身の視野や見識は着実に広がっており、人としてもしっかり成長できそうな仕事に十分満足しています。
ダイフクならではの仕事の面白さは?
Q4今後のキャリアプランは?
当面の目標は、担当しているお客さまに最適なシステムやソリューションを提案できるようになり、お客さまはもちろん社内でも広く顔と名前を覚えてもらって信頼を得ることです。
チャンスがあれば、将来的には海外現地法人に赴任してみたいですね。ダイフクには海外で活躍できる環境が整っているので、今後自分の技術力や語学力を一層磨いて、さまざまな国のお客さまと関わることになったときにどこでも信頼されるエンジニアになりたいと思っています。

ダイフクのここが好きだ!
さまざま業界・分野で活躍できることが大好きです!
自分自身が当たり前だと思っていたこと(ネットで頼んだものがその日に届く、品ぞろえが豊富なスーパーなど)をダイフクの技術が支え、陰ながら私たちの生活をより便利で快適にするお手伝いができていることを誇りに思います。また、創立から80年を過ぎた今でも、挑戦や革新を続けていくメッセージがダイフク全体に浸透しているような社風が好きです。思いついたことやチャレンジしてみたいことを気軽に上司や先輩に相談できる環境、そしてそれらをすぐに実行させてもらえる企業風土がバツグンです。

1 DaySchedule

8:30
パソコンを起動しメールをチェック
9:00
対応項目の優先度や作業内容について上司と相談
9:30
お客さまへの報告資料の作成
12:15
昼食&休憩
13:00
関係部署と打合せ。今後の進め方について議論
14:00
お客さまとWeb/電話会議
18:00
会議の内容や宿題を取りまとめ、上司へ報告
19:00
業務を整理して帰宅

休日の過ごし方

普段は会社の同期社員や、地元の友人とよく遊びに行きます。最近は珍しいアクティビティを楽しむために遠方まで足をのばしたりもしています。その地域特有のおいしい食事や、自然に触れることで心身ともにリラックスできます。次の機会はパラグライダーに挑戦してみるつもりです。

page top