社員紹介 お客様が満足できる設備をゼロから考え出していく面白さは最高!

社員紹介 お客様が満足できる設備をゼロから考え出していく面白さは最高!

04

RYO SHIMIZU清水 涼

イントラロジスティクス事業部 エンジニアリング
2009年入社
工学部 電気学科 電子工学専攻卒

MY CAREER キャリアの歩み
  • 2009年 入社後、設計部 制御設計課に配属。
    ラックマスターの制御設計を担当
  • 2011年 移動ラック、VCRといったSK商品の制御設計およびリニューアル開発を担当
  • 2013年 エンジニアリング部に異動。
    システム計画グループにて引き合い案件のエンジニアリングを担当
  • 2015年 同システム計画グループのSP1課に異動。
  • 2018年 エンジニアリング本部システムコントロールグループに異動。
Q1ダイフクに入社した理由は?
友人からの紹介でダイフクを知り、マテハン製品と業界が自分たちの生活に無くてはならないものと気づいたことが興味を持ったきっかけです。
Q2現在の仕事内容は?
お客様からの新規引き合い案件に対して必要になる設備のボリュームや運用能力の試算、最適な現場レイアウトからコスト算出までを行い、受注に結びつける仕事に携わっています。
全体計画にあたってはお客様と密に打ち合わせを行って要件確認や意見の取り込みを進め、プランに反映させます。自社の設備に関することはもちろん、建築関連の知識も必要になるなど毎日が勉強の連続。さまざまな知識と経験を蓄積しながら、お客様へのよりよい提案を探り続けています。
現在の仕事内容は?
Q3ダイフクならではの仕事の面白さは?
現在担当している仕事は、当社もお客様もどのような物流設備にすべきかがまったく見えない、白紙の状態から始まります。競合他社とのコンペティションの場合がほとんどで、どのようにオリジナルアイデアを盛り込み、お客様の求める要件を満たすかが勝負を決定づけるポイント。すなわち、ダイフクらしさを押し出してお客様によいと思ってもらう案を考え出すことが、困難でもある一方で最大の面白さだと考えています。ダイフクならではの仕事の面白さは?
Q4今後のキャリアプランは?
物流設備の計画に関する知識と経験をもっともっと増やしていき、お客様により優れた物流システムを提案していくことに尽きます。お客様や上司と打ち合わせを重ねる中で自分の勉強不足を未だに感じることも多いので、そういった場面を徐々に、着実に少なくできるように努力したいと思っています。

ダイフクのここが好きだ!
関係部署との横のつながり、上司や先輩との縦のつながりなど、全方位への風通しがよい会社である点がとても気に入っています。
仕事で設計部門や工事計画部門にアドバイスをもらったり、プライベートを気軽に先輩に相談したり、どんなときも誰にでも話しかけやすく、非常に過ごしやすい職場だと感じています。

1 DaySchedule

9:00
朝礼にてメンバーが持ち寄ったニュース内容について討論。
新規案件情報や1週間の作業スケジュールを確認
10:00
メールチェック、先輩社員と当日の作業内容や割り振りを確認
10:30
設備の基礎計画を開始。お客様が求める要件から設備を選定、寸法計画を実施
12:15
昼食&休憩
13:00
午前中に計画した設備を先輩社員とともにチェック
13:15
他部署と案件内容について打ち合わせ
14:30
午前中に計画した設備をCADを使って作図
18:00
作図したレイアウトをもとにコストを積算
21:00
翌日の作業予定を確認した後、帰宅

休日の過ごし方

車の運転が好きなので、連休になるとよく帰郷や旅行を目的にドライブに出かけます。
普段の休みの日は喫茶店でのんびり過ごすことが多いですね。近所の書店で小説を買って、コーヒーを飲みながら読みふけったりしています。

page top