社員紹介 業界ナンバーワンの高度な技術力。日々それを実感しながらお客様ニーズに応える製品開発に挑む。

社員紹介 業界ナンバーワンの高度な技術力。日々それを実感しながらお客様ニーズに応える製品開発に挑む。

05

HIROKI TAKIMOTO滝本 裕貴

クリーンルーム事業部 制御設計
2010年入社
工学部 電気電子工学科卒

MY CAREER キャリアの歩み
  • 2010年 入社
  • 2012年 入社後の研修期間を経て制御設計グループへ配属
  • 2015年 部署統合に伴い、搬送設計グループへ所属変更
Q1ダイフクに入社した理由は?
就職活動時、研究室の教授推薦でダイフクのことを知りました。
はっきり入社を決めたのは選考過程で“日に新た館”を訪れたとき、ダイフクにさまざまな業界・業種に関わっているスケールの大きさと、世界トップクラスのシェアを堅持している高い技術力があることを見て大きな魅力を感じたからです。
Q2現在の仕事内容は?
今はお客様ニーズに合った製品開発とコストダウンを目指し、大きく分けて4つのテーマに取り組んでいます。
一つは製品仕様書と計画重視の開発で、開発企画書や計画書、仕様書など機種別ドキュメントに則り、製品仕様の定義や数値をはっきりさせること。二つ目は既存機種製品のコストダウンと能力改善。三つ目は安全管理で、四つ目は他部門との技術交流を通じた製品不具合の再発防止です。
現在の仕事内容は?
Q3ダイフクならではの仕事の面白さは?
仕事柄、無線を取り扱うことがあります。
機械と違って無線は不具合が発生すると見たり触ったりできないため、原因究明に実にさまざまな角度から測定や検討を行わねばならず、非常に苦労します。しかし、数々の難所を乗り越えて不具合を解消できた際にはひと際の達成感を感じることができます。
ダイフクならではの仕事の面白さは?
Q4今後のキャリアプランは?
長めの研修期間で学んだこと、その後の業務で培った経験を活かして、お客様の要望に確実に応え続けたいと思っています。同時に、製品製造に対して常に正確な図面を提供できる設計者になることを目指したいと考えます。

ダイフクのここが好きだ!
マテハン業界は少数の有力企業が技術力を駆使して切磋琢磨し合う世界で、そこでトップを走り続けているダイフクはスゴイ会社だと思っています。どちらかというと地味なイメージの業界ですが、その反面どんな分野の企業にとっても不可欠な部分を担っていることは声を大にして自慢できます。

1 DaySchedule

8:30
制御チーム全員で朝礼。その後パソコンを起動してメールチェック
9:00
午前業務開始。図面の出図や解析結果のまとめ、報告資料の作成などを行う
12:30
昼食&休憩
13:15
午後業務開始。午前と同じ図面の出図や解析結果のまとめ、報告資料の作成とレポート作成
15:00
関係各部署と打ち合わせ。今後の進め方について議論
16:00
引き続き図面の出図や解析結果のまとめ、報告資料の作成とレポート作成
20:00
業務を整理して帰宅

休日の過ごし方

市街地にある大型のショッピングモールが好きで出かけることが多いですね。
それ以外は近くの山や琵琶湖に行き、自然を眺めてリフレッシュしています。
趣味でやっている電気工作や機械の修理で過ごす日もあります。

page top