GLOBAL VOICE From USA

GLOBAL VOICE From USA

PROFILE

田辺 琢士TAKUJI TANABE

Daifuku America Corporation2012年入社
工学部 機械工学科卒

2012年
入社後、オートモーティブ事業部工事サービス統括部 工事Gに配属。主に海外プロジェクトにおける試運転・調整を担当
2016年
オートモーティブ事業部関西工事サービス部 関西Gに異動。関西エリアでサービス業務を担当
2017年
Automotive DAC S&PM Technical Service Northに異動。Ohio州近郊でサービス業務を担当
2020年3月
帰任
現在
オートモーティブ事業部 工事サービスグループ 東海工事サービス 東海1グループ
これが私の仕事

Daifuku America Corporationは、ダイフク日本と北米市場に重点を置く日系自動車企業との橋渡し役をしつつ、ビジネス展開をしています。また、日系企業だけでなくアメリカの大手自動車メーカーとも取引を行っています。
私が主に担当するのは、自動車工場の製造ライン更新や延長といった、プロジェクトの電気工事と試運転調整。いずれは、各プロジェクトの「引き合い→見積もり→仕様打ち合わせ→設計→製造→機械工事→電気工事→試運転調整→引渡し」という全体のプロセスをマネージメントできるようになりたいと思っています。そのための課題が、マネージメント力はもちろん英語力や技術力をより鍛えること。全体のプロセスに関われれば、現地の方々を含めた多くの人と一緒に仕事ができるので、より大きなやりがいを感じられると思います。

Office / 6700 Tussing Road, Reynoldsburg, OH 43068-5083 U.S.A. GoogleMap

現地の仕事で心がけていること
現地の方とのコミュニケーションにおいて、2つ心がけていることがあります。1つは、うまく英語が聞き取れなかった場合に必ず聞き返すこと。お互いに間違った理解のままで進むと、取り返しがつかなくなることが多々あるからです。もう1つは、どんな時でも自分の意見をしっかり持って、話し合うこと。積極的な意見を出すように求められる文化ですから。
OFF TIME 休日の過ごし方

カナダに紅葉を見に行ったり、ニューヨークまでドライブしたり、夫婦ともに大好きな旅行を一緒に楽しんでいます。地元の方とのバス釣りや近所で見つけたアイススケート教室にも挑戦しました。日本ほど娯楽は豊富ではありませんが、アメリカならではの体験を満喫しています。

1 DAY SCHEDULE社員の一日

  • 出社Daifuku Americaのオフィスへは車で通勤しています。自宅からは約1時間。出社後はまずメールをチェックして、今日やるべき内容を整理し、一日のスケジュールを考えます。

  • 午前図面とプログラムのチェックに施工計画立案など、主にデスクワークをこなします。課内で各プロジェクトの進捗度を話し合うこともあります。

  • 昼(ランチ)よく行くのが近所の中華料理屋さん。時期によってはほぼ毎日通っているので、すっかり常連客になりました。安さとボリュームのすごさに、アメリカっぽさを感じています。

  • 午後(1)コンベア制御盤製作の下請け会社にて出荷前の概観・動作チェック。現場で据付けを行う前に、配線の不備やプログラムの不備がないかなど隅々まで確認します。

  • 午後(2)オフィスに戻り、課内で各プロジェクトの進捗や連休工事の進め方などを話し合います。自分では気づけなかった点を指摘してもらえるので、このミーティングはとても役に立っています。

  • 退社アメリカのアパートは敷地がとても広く、散歩に最適です。近所の池の周りを散策したりして、高カロリーなアメリカンフードで太らないよう、一応気をつけています。

>
<
GLOBAL VOICE
海外駐在員レポート

page top