From CHINA

From CHINA

PROFILE

小野 剛嗣TAKESHI ONO

2005年入社 工学部 機械システム工学科 卒
大福(中国)自動化設備有限公司

2005年
入社後、オートモーティブ事業部 設計部 機械設計に配属。主に装置関係の設計を担当
2008年
日産車体(株)へ出向
2009年
オートモーティブ事業部 設計部 機械設計に戻る。主にライン系の設計を担当
2010年
オートモーティブ事業部 EG部 中部EGに異動。東海地区ユーザーの営業技術を担当
2015年
大福(中国)自動化設備有限公司 設計部 開発設計課に異動
2021年3月末
帰任
現在
大福(中国)自動化設備有限公司 技術本部 技術支援室
これが私の仕事

大福自動化設備有限公司(DCA)は日本や欧米、中国の自動車メーカーを相手に、自動輸送機の開発・製造・販売からアフターサービスや関連技術のコンサルティングまで幅広く展開している中国の現地企業。
ダイフクグループの中では、オートモーティブ事業のグローバル生産工場の一つになっています。現在、私はこの会社の数少ない駐在員の一人として多くのローカルメンバーの仕事のサポートを行いながら、EGや設計、開発など一部門の枠を超えたさまざまな業務を担当。世界のメーカーごとに異なる自動車製造のやり方、工場のレイアウト、要求される設備などに刺激を受けつつ、次々とそれらに対応するための新しい知識を得ていくような、日本では経験できないやりがいを感じる毎日を過ごしています。

Office / Mocheng District, Yushan-zhen, Changshu, Jiangsu 215556 CHINAGoogleMap

現地の仕事で心がけていること
海外での仕事をスムーズに進め るには、一緒に働くローカルメンバーとの交流を親密にすることが大事なポイントです。ゆえに、私はプライベートも含めてできる限りメンバーと行動を共にし、現地の文化や考え方を理解するように心がけています。中国では人同士の体面を重んじる文化が根付いているので、話をする際など特にその点に注意を払うようにしています。
OFF TIME 休日の過ごし方

今年になってDCA内にサッカークラブが誕生し、毎週一度20名ほどが集まって他チームとの交流戦やフットサルを行うようになりました。そのほかにも現地の有名な山に登ったり、気の合う仲間と食事をしたり、休日でも職場のメンバーと一緒になってリフレッシュする時間を楽しんでいます。

1 DAY SCHEDULE社員の一日

  • 出社一日の始まり は朝のミーティングから。担当者ごとに業務進捗の報告を行い、上司からその日の予定や注意点などの指示を得て仕事を開始します。

  • 午前自分宛のメールをチェ ックした後、現地メンバーに対して当日の業務スケジュールや問題点などの確認を行います。

  • 昼(ランチ)食堂でローカルフードが盛られたプレートランチを楽しみます。食堂の一角に卓球台が置かれており、昼食の前後にしばし皆で卓球を楽しむこともあります。

  • 午後(1)工場に出向き、現地メンバーとともに中国での国産化を目指して検討している製品の品質・精度の確認を行います。改善すべき点があれば意見を出し合って、よりよい製品づくりの手法を探ります。

  • 午後(2)この日に行ったのは設計図面 のチェック。
    中国と日本とでは規格が異なるものもあり、現地メンバーから教えてもらうことが多々あります。

  • 退社会社があるエリアから自宅まで車で約25分。帰宅後は出張で来られた人や現地メンバーと夕食をとります。中華料理のバリエーションが豊富なので、どの料理にするかを皆で話し合うのは楽しいひとときです。

>
<
GLOBAL VOICE
海外駐在員レポート

page top