Round Table Talk 活躍するエンジニア

Round Table Talk 活躍するエンジニア
モノづくり、グローバル、社風 etc.…どんな興味から飛び込んだとしても納得十分なダイフクの開発業務。
最新技術を駆使した多彩なマテハン製品を展開し、世界の物流に貢献しているダイフク。世の中初の機器類の数々は、エンジニア一人ひとりの日々の取り組みの成果です。同期入社の先輩若手エンジニア3名が、ダイフクの魅力と実際の仕事について語ってくれました!

Profile

中川 雅貴

中川 雅貴 Masaki Nakagawa
イントラロジスティクス事業部 設計部
ラックマスター課
2013年入社/
システム工学科 卒
会社説明会でダイフクの事業内容を聞き、ロボットに入れ込んだ自らの経験が活かせると直感。多角度から「モノを動かす」現在の開発業務に想像通りの面白さを感じている。

岸 遼司

岸 遼司 Ryoji Kishi
クリーンルーム事業部 システム部
搬送システムグループ
2013年入社/
電子情報フロンティア学科 卒
学生時代から海外志向が強く、世界をフィールドにビジネスを行うダイフクへの入社を決意。「失敗は次の成功に必要な経験」ととらえるポジティブな姿勢で日々の開発に臨む。

牧村 賢一

牧村 賢一 Kenichi Makimura
Daifuku America Corporation2013年入社/
工学研究科 電気系工学専攻 修了
機械メーカー志望する中、ダイフクを選んだ決め手になったのは「出会った人の明るさ」。垣根のない人間関係に包まれ、目の前の設計に持てる力を最大限に発揮中。
WORK ダイフクでの開発の仕事とはWORK ダイフクでの開発の仕事とは
開発に立ちはだかる壁や困難はつきもの。その苦労も、製品が動き出した瞬間に達成感へ変わる。 岸 遼司
中川
僕は学生時代、機械の設計や制御に興味があって、ロボットコンテストに参加するクラブに入っていたんです。今はラックマスターという自動倉庫の制御設計を行っていて、ラックの指定場所にクレーンで荷物をどうスムーズに動かして納めるかを考える日々です。形は変わったけれど、好きなことをそのまま仕事にできている気がしている。
皆もきっと、機械そのものや機械を動かすことが好きでダイフクを選んだと思うけど、仕事はどんな感じですか?
牧村
私はもともと船や飛行機のような、動く大きなモノをつくりたかったんです。ダイフクへの入社後は自動車の生産ラインシステムに携わることになって、一般の人の目に触れる機会は少ないけど、スケール感あふれる大型機械を設計していることにとてもやりがいを感じています。ハードウェアからソフトウェアまで幅広い設計を手掛けているし、中川くんと同じでやりたかったモノづくりの充実感をたっぷり味わっています!
実は、私は機械が大好きというほどでもなくて(笑)。機械をつくることよりも海外に出て活躍したい気持ちが強かったので、どちらかと言えばダイフクのグローバル展開に惹かれたんですよね。
現在は半導体の搬送と保管システムのソフトウェア開発を進めているんですけど、海外のお客様先の工場で運転テストや製品調整などを行うために出張するときが一番楽しいかも!そこに至るまでの苦労はいろいろあるけどね…。

中川
例えばどんな苦労があった?
僕の場合は、自分と一緒に仕事をしてもらっている、協力会社さんをマネジメントする点で難しさを感じることがあります。こちらのほうが年齢的に若くてキャリアが浅くても、きっちりと指示を出し、フォローする責任があるので苦戦しています。
私の場合は、開発中や納入後に限らず搬送設備が何らかの原因で正常に動かなかったときなど、動きをつくるソフトウェアが原因かも、と最初に疑われることかな。調べつくしてソフト的には問題がないとわかっても、それを証明するのがすごく大変で…。半導体搬送の精密なプログラムの中身は、誰もがすぐに理解できるものでもないので。
牧村くんも、自動車分野ならではの苦労ってある?
牧村
製品に対する国内と海外の考え方や規格の違いかな。
たまたま私は日本メーカーの海外工場を多く担当していて、そこでは安全確保などの基準が日本の何倍も厳しいんです。海外工場の相手と同じ姿勢で臨んでいると設計途中で大幅な変更が発生したり、最後に機器全体が入れ替えになるなど、どんでん返しに合ってしまう。だから、事前に各国の規格がどうなのかを確実に理解することにはとくに気を配っています。
中川
部門ごとにさまざまな仕事の形があるから、苦労もそれぞれだね。でも、関連する部門やお客様と密に連携して、構想段階から製品納入までの間、モノづくりに関わっていく中で、少しくらいの苦労はいつの間にか過ぎ去ってしまう気がする。
確かに!
自分が一から携わった製品が実際に動くところを見たときは感動するし、達成感があるね。開発中の苦労も良い思い出(笑)。
GLOBAL 世界が身近に感じられるダイフクの仕事GLOBAL 世界が身近に感じられるダイフクの仕事
グローバルに活躍するには語学の力だけでは不十分。確かな技術力を磨くことが世界の扉を開く。牧村 賢一
牧村
ところでダイフクは世界中に拠点やお客様がたくさんあるし、海外に行く機会が多いよね。私はイギリス、カナダ、ブラジル、タイなどの案件を担当したことがあり、昨年は海外に滞在した日数も約3カ月間で、これまでで一番長かった。
皆はどんな国に行った? 海外が好きな岸くんはどう?
半導体分野のお客様が集まっているのは中国、韓国、台湾で、中国に出張したことがあるね。現地に導入する新機種の試運転に立ち会うためで、期間は1カ月ほどだったかな。機会があれば、これからもっとほかの国にも行ってみたい!
中川
僕は、期間的には皆よりも短いけど、タイと韓国への出張を経験したよ。とくに韓国向けの仕事では、さっき牧村くんが指摘したような、安全に対する考え方の違いに驚いた。お客様の倉庫に高さ30mほどもあるラックマスターを設置する際、上部の荷物収納を微調整するために人が乗るエレベーターとハシゴを取り付けたんだけど、その安全基準がハンパじゃなかった(笑)。途中に踊り場を設けたり、落下防止の網を付けたりと、日本では求められたことのない工夫が必要になって…。その仕事と出張のおかげでずいぶん開発の視野が広がったと思う!

MESSAGE 先輩エンジニアから見たダイフクの魅力MESSAGE 先輩エンジニアから見たダイフクの魅力

二人とも、海外出張では現地の言葉で会話したの?
私の場合はお客様とのやり取りなどは専任の別の担当者がいたので任せきりになってしまった…。
中川
私が関わる国々では基本的にダイフクの駐在員がいるので、外国人のお客様への対応はお願いしたかな。個人的に自分がすべきことは技術的なサービス&フォローと思っていて、それに100%注力するために駐在員が間に入ってくれるのはありがたいね。
牧村
エンジニア限定の話かもしれないけど、海外でも図面や製品を目の前にして意思疎通を図る場面が多いので、確かな知識を持っていれば身振り手振りでも伝えたいことを理解してもらえる気がする。
僕たちにとっては語学力以上に、技術力をしっかり身につけることが大切なんだと思う。
MESSAGE 先輩エンジニアから見たダイフク向きの人MESSAGE 先輩エンジニアから見たダイフク向きの人
大きな役割を担うことを急ぐ必要はない。着実に成長していく自分が実感できるのが心地よい。中川 雅貴
これからダイフクに入ってくる後輩たちに、一番伝えたいことって言うと何が思い浮かぶ?
私はもちろん、仕事で海外に出るチャンスがたくさんあること。自分はこれからだけど、周りの先輩たちを見ると出張に、駐在にと、どんどん海外に行っている。グローバルな活躍を目指す人には最高の職場だと思う。
中川
岸くんの目標設定を考えても、それは間違いなく伝えたいダイフクの魅力だよね。別の観点から僕が思うのは、ダイフクには一歩一歩、着実に仕事のキャリアを積んでいける安心感、安定感があること。
例えば、新人でいきなり分不相応な役割を任されることもないし、ビッグプロジェクトは必ずチームで対応していく。周りにすごくよいお手本になる先輩たちもいるし、5年後、10年後に自分がどうなっていくのかも想像しやすいよね。早くから大きな仕事を与えられる会社も刺激があって面白いかもしれないけど、ダイフクはある意味、地に足が着いたキャリアアップを目指したい人にはピッタリじゃないかと思ってる!
牧村
私がアピールしたいのは、ダイフクの社員皆がすごくフレンドリーな人たちばかりなことかな。上司も肩書きではなく名前に「さん」づけで呼ぶのが普通だし、仕事中でも気さくな雰囲気で会話ができる。車の事業部だから車種の話とかで盛り上がるかな(笑)。
人間関係で悩むことなんてまず考えられないのが一番うれしいところ。

MESSAGE 先輩エンジニアから見たダイフク向きの人MESSAGE 先輩エンジニアから見たダイフク向きの人

私も新人時代に同じように思った。就活中に出会ったダイフク社員のアットホームな雰囲気も入社の決め手になったかな。
中川
僕としては、学生の皆さんにはダイフクの製品展示場である「日に新た館」も是非見学してほしいです。僕が設計している自動倉庫の機種もありますし、マテハンの魅力を体で感じてほしいですね!でも、業種問わず様々な会社を見てほしいです。
牧村
就活でたくさんの会社を見て、知って、そしてダイフクとの接点を見つけてもらえたら最高ですね。どんな仕事に就いても、就職活動の経験(面接結果に一喜一憂することも大いにありましたが…。笑)は将来働く上で自分の財産になっていると感じます。
選考中や入社後もひょっとするとどこかで出会うこともあるかもしれないです。未来の後輩たちとの出会いが今から楽しみです!

page top