2021年5月20日
株式会社ダイフク

新型コロナウイルス感染拡大に伴う出勤者数削減の実施状況について

当社グループにおいては、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、お客様、取引先、従業員・パートナー企業をはじめとするステークホルダーの皆様の安全と健康の確保を最優先とし、政府・自治体等の方針に従い、様々な対策を実施し感染拡大防止に努めております。

現在は、以下の感染拡大防止対策を推進しております。
  • 在宅勤務、時差出勤の拡大
  • 職場での感染予防対策の徹底(マスク着用、定時間での換気、飛沫感染防止パネルの設置、手指消毒、毎日の検温・体調管理、社内食堂利用時の座席固定及び着席位置のアプリ登録)
  • 多人数が集まる会合、イベント、研修等の延期や中止
  • 不要不急の出張自粛、原則ビデオ会議の活用
  • 会食、懇親会の原則禁止
  • プライベートでの感染リスク回避の要請 等

特に、緊急事態宣言発令地域においては、出勤率を3割に抑えるため、在宅勤務、時差出勤、フレックスタイム制度を最大限活用し、出勤者数を減らすように努めています。
また、工事・サービス部門等の在宅勤務が困難な部門については、時差出勤、直行直帰等、感染リスク対策を実施しながら、事業活動を継続しております。

※緊急事態宣言発出地域における主要事業所の5月出勤者数削減率は、 約70%となっております。