2021年4月1日
株式会社ダイフク

ダイフクグループ 2021年度新入社員向け 社長祝辞

株式会社ダイフク(本社:大阪市西淀川区、社長:下代 博)は、4月1日、グループ新卒採用者98名を新たに迎え入れました。新型コロナウイルスの感染予防のためオンラインで開催した入社式で、代表取締役社長・下代博は新入社員に向けて祝辞を贈りました。祝辞の要旨は、以下の通りです。


「常に将来を見据え、次世代の物流システムを生み出せる企業を目指そう」

本日ダイフクグループに入社された皆さん、人生の新たな出発の日を迎えられたことを、心よりお祝い申し上げます。入社式はオンライン開催となりましたが、状況が落ち着いてきた時には、改めて皆さん一人一人と直接お会いする機会を設けたいと思います。

当社が提供するマテリアルハンドリングシステムは、eコマースの拡大や労働人口の減少に対応しているだけでなく、昨今は物流現場の密を避ける自動化ソリューションとして役立っています。このように、マテリアルハンドリングシステムは止めることのできない社会インフラを担っていることから、コロナ禍にあっても社会活動に不可欠なものとして位置づけられています。

これは、我々の諸先輩方が日本初・世界初の製品を生み出し、物流システムの歴史をつくり、積極的な海外展開を進めてきたことが基礎になっており、今日ではマテリアルハンドリングシステム業界の売上高で6年連続世界一という地位を築き上げることにつながりました。

しかし、今後、社会は今までとは比べようのないようなスピードで変化していくでしょう。ESGやSDGsという言葉に代表されるように、地球環境に負荷を与えない、持続可能な社会を目指しながら発展を遂げていかなければなりません。

皆さんには、10年後、20年後の将来を常に考える人になっていただきたいと思います。次世代の物流システムはどういうものであるべきかを考え、日本初、世界初のシステムを開発し、世界を、時代をリードする企業を目指して、当社の社是「日新(ひにあらた)」のごとく、共に前進していきましょう。

最後に、皆さんが、元気に、明るく、そして楽しくダイフク人生を歩まれることを祈念して、お祝いの挨拶とさせていただきます。


お問い合わせ先
広報部 TEL:03-6721-3505