2021年1月5日
株式会社ダイフク

2021年社長年頭挨拶(社内向け要旨)

代表取締役社長 下代 博

2021年の年頭に当たり、ご挨拶申し上げます。

昨年は、新型コロナウイルス感染症が世界の常識や私たちの考え方、行動様式を一変させ、世界経済にも大きな影響を及ぼし、リーマンショックをはるかに上回るマイナス成長をもたらしました。いまだにその収束は見えておらず、先行き不透明な状況が続いています。

今期は、現中期経営計画の最終年度ですが、業績見通しは、売上高4,600億円、営業利益率8.6%で計画しています。第2四半期決算発表で公表している通り、受注高は、大型案件の決定時期のずれや新規商談の遅延の影響で前年度を下回るものの、売上高、利益ともに増収増益の見込みです。
コロナ禍で制約が多い中、感染防止に取り組みながら努力を続けていただいた社員の皆さんに深く感謝いたします。

現在、4月からスタートする新中期経営計画の策定を進めています。ダイフクグループは、社会が持続的成長を遂げるために必要なソリューションを提供しており、社会インフラ企業としてさらに成長していくことを確信しています。そのためには、デジタルトランスフォーメーションや最先端技術開発などの新たなチャレンジにより変革し、当社グループの提供価値を高めていかなければなりません。

社員の皆さん一人一人が、社会やダイフクの「ありたい姿」を思い描き、お客さまへの貢献を通じて社会に役立つために、会社をどのように変えるべきか、自らが何をすべきかを考え、変革のために必要な行動を実践していきましょう。

そして、今年もダイフクグループ一体となって、社会インフラ企業としてさらなる高みを目指していきましょう。

最後に、コロナ禍において重要なのは、社員の皆さんの健康です。各職場における十分な感染予防策と、公私にわたる万全な対策を改めてお願いします。

お問い合わせ先
広報部 TEL:03-6721-3505