2020年1月7日
株式会社ダイフク

2020年社長年頭挨拶(社内向け要旨)

代表取締役社長 下代 博

2020年の年頭に当たり、ご挨拶申し上げます。

近年、人手不足や生産性向上など、社会環境の大きな変化により、マテリアルハンドリング業界への注目が一層高まっています。当社は、この変化をビジネスチャンスと捉え、世界に広がるお客さまのニーズに対応していかなければなりません。

当社のDNAは、「まだ誰もやっていないことを一番先にやろう」というチャレンジ精神です。その意気込みによって当社の歴史がつづられてきました。社員の皆さんには、「世にない新しいものを生み出し、社会に貢献したい」という夢と気概を持って仕事に取り組んでいただきたいと思います。

今年は、中期経営計画「Value Innovation 2020」(2017.4~2021.3)の最終年度に当たります。中計で掲げた4つのテーマ「事業領域」「収益性」「経営効率」「ブランド力」の各施策において、確実に目標を達成できるよう注力していきましょう。

そして、次の中期経営計画を見据えながら、新たな成長に向けた準備の年にすべく、ダイフクグループ一丸となって歩みを進めていきたいと考えています。

お問い合わせ先
広報部 TEL:03-6721-3505