2018年9月20日
株式会社ダイフク

ダイフク 米国子会社の生産能力を増強 米国インディアナ州に新工場を建設し、生産性・収益性を向上

株式会社ダイフク(本社:大阪市西淀川区、社長:下代 博)の米国子会社であるWynright Corporation(本社:イリノイ州、以下 Wynright社)は、このたびインディアナ州 ホバート市に新工場を建設し、イリノイ州内にある2工場を新工場に集約・統合いたします。

当社の2017年度の海外売上高比率は67%となりましたが、今後さらに海外展開を進めていく中で、海外グループ会社の重要性はますます高まります。2021年3月を最終年度とする中期経営計画「Value Innovation 2020」では、重点施策の一つに「ローカル化とグローバル化のバランスが取れたグループガバナンスの追求」を掲げており、海外売上の拡大に対応するため、これまでの日本を中心とした生産体制から、グループ全体の最適調達・生産体制に移行し、生産性・収益性の向上を目指します。

Wynright社の新工場は、2018年秋に着工し、完成後の2019年末から仕分けシステム、コンベヤ、自動倉庫などの物流システムの製造を開始します。新工場の建設によって、同社の生産能力は従来の約2倍となり、2021年までに最大582人の雇用を新たに創出する計画です。

<新工場の概要>
場  所:インディアナ州 ホバート市 (ノースウィンド クロッシングズ ビジネスパーク内)
建屋概要:敷地面積44エーカー(178,061㎡)
     1階建て 延床面積320,400平方フィート(29,766㎡)
投 資 額 :26百万米ドル(土地、建物、設備含む)

<Wynright社について>
1972年に創立し、2013年10月にダイフクグループ傘下となりました。コンベヤ、仕分けシステムやピッキングロボット、音声およびデジタルピッキングシステムなどを手掛けており、現在、米国内に2カ所の工場と9カ所の販売・サービス拠点を有し、従業員数は514人(2018年3月末現在、駐在員除く)です。

ご参考:Wynright社が米国時間2018年9月18日に開示したニュースリリース(英語) https://www.businesswire.com/news/home/20180918005775/en/

お問い合わせ先
広報部 TEL:03-6721-3505