2016年2月12日
株式会社ダイフク

世界初、電動フォークリフト向けの非接触充電システムを実用化

株式会社ダイフク(本社:大阪市西淀川区、社長:北條正樹)はこのたび、コマツリフト株式会社(本社:東京都品川区)の協力を得て、非接触充電技術「D-PAD(ディー・パッド)」*1を用いた電動フォークリフト向けの非接触充電システムを実用化(世界初・当社調べ、特許出願中)しました。
当社は、1992年にニュージーランドのオークランド大学と非接触給電技術「HID(ヒッド)」*2の技術提携およびライセンス契約を締結。1993年には世界初の非接触給電モノレール式搬送システムを実用化し、自動車工場や半導体工場の生産ラインを中心に数多くのシステムを納入してきました。
近年、スマートフォンや家電製品へのワイヤレス(非接触)充電の普及が進んでいることに加え、電気自動車などへの用途拡大が注目されていることから、2012年に同大学との間で非接触充電技術「D-PAD」の技術提携とライセンス契約を新たに締結し、産業界での実用化に向けた開発および使用用途の調査を進めてきたものです。

当システムは送電台車による電動フォークリフトへの非接触充電をおこなうもので、従来のコンセントプラグによる充電時間と同等でありながら、プラグを接続するといった作業の煩わしさを無くし利便性を向上するとともに、接触不良などによる障害や事故を低減します。また、非接触のため磨耗による導電部分の交換などのメンテナンスは不要です。
システム構成は、送電台車(送電パッド、高周波インバーター)と受電ユニット(受電パッド、200Vインバーター)からなり、バッテリーは電動フォークリフトの標準装備のものが使用できます。また、独自の無線技術を用いて送電側・受電側の対向位置を自動認識するため、安定した電力伝送効率を保持し、伝送周波数が10kHz未満であることから、電波法による申請手続きは不要です。

なお、当社は、D-PAD をはじめとしたワイヤレス給電・充電ソリューションを、2016年4月20日から幕張メッセで開催される「TECHNO-FRONTIER 2016」の当社ブースに出品する予定です。

今後もダイフクは非接触給電・充電技術の開発を推進し、スマートモビリティ社会の実現に向け、産業界での用途拡大を図り、事業活動を通じた社会貢献に努めてまいります。

  • *1D-PAD:送受電パッド内のコイルの形状がアルファベットの「D」に似ていることからの名称
  • *2HID: High efficiency Inductive power Distribution technology

システム構成、仕様

送電台車写真

  • 送電台車
  • 送電台車

お問い合わせ先
広報部 TEL:03-3456-2245(ダイヤルイン)