2015年3月5日
株式会社ダイフク

インテル コーポレーションから「プリファード・クオリティー・サプライヤー(PQS)賞」を受賞

株式会社ダイフク(本社:大阪市、社長:北條正樹)は本日、インテル コーポレーションからプリファード・クオリティー・サプライヤー(PQS)賞を受賞しました。2014年度は19社がPQS賞を受賞しています。今回の受賞は、品質、コスト、供給体制、技術力、顧客サービス、労務・倫理システムならびに環境持続性により評価されるすべての重点項目に対して、業界を先導する重要な役割を果たしたことによるものです。ダイフクはインテルの成功に欠かせない自動保管・搬送システムを供給し、多大な貢献をしたことで今回の受賞となりました。

株式会社ダイフク 取締役 専務執行役員 eFA事業部門長の森屋 進は、「インテルの名誉あるPQS賞を再び受賞できたことを光栄に思います。当社が継続的に改善と革新に取り組めるよう、インテルには多大なるご支援をいただき、お礼を申し上げたいと思います。PQS賞においては過去6年間で4度目の受賞となりますが、世界中のダイフク社員の貢献に感謝の意を表します」と述べています。

インテルコーポレーション 技術製造統括本部 グローバルサプライマネジメント 製造自動化部長のロバート・リベラは、「ダイフクのPQS賞の受賞おめでとうございます。ダイフクはプロジェクトの実施、先端技術開発、競争力のある価格目標の達成に関して、大きな成果を上げられました。今回の受賞に値する成果に感謝いたします」と述べています。

PQS賞はインテルのサプライヤー・コンテニュアス・クオリティー・インプルーブメント・プログラムの一環として、供給企業による継続的かつ卓越した改善を奨励するために設けられた賞です。PQS賞の受賞には、コスト、品質、供給体制、技術力、および環境面、社会性、ガバナンスプログラムのそれぞれの目標に対して80%以上のスコアを獲得することが条件とされています。また、供給企業は高い水準が求められる改善計画に対して80%以上のスコアを獲得し、安定した品質およびビジネスシステムを実践することが求められます。SCQIプログラムの詳細については http://intel.com/go/quality をご覧ください。

受賞企業が2014年度における貢献内容を説明する“Innovating to Deliver Smart and Connected Devices”をテーマとしたPQS受賞企業への授賞式は、米国カリフォルニア州サンタクララにて開催されました。また、インテルのウェブサイト http://intel.com/ で、受賞企業名を掲載しています。

http://intel.com/go/quality

株式会社ダイフクについて

株式会社ダイフクは、世界有数のマテリアルハンドリングシステムメーカーとして、製造業や流通業、半導体・液晶、自動車、空港、その他の産業にむけたソリューションを提供します。ダイフクは1937年に設立され、現在、年間売上げ約US2.3億ドルで、世界に約60社以上の子会社を展開しています。

  • * インテル、Intel、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先
広報部 TEL:03-3456-2245