2014年4月11日
株式会社ダイフク

インテル コーポレーションから「プリファード・クオリティー・サプライヤー(PQS)賞」を受賞

株式会社ダイフクは本日、インテルコーポレーションからプリファード・クオリティー・サプライヤー(PQS)賞を受賞しました。2013年度はダイフク含め18社がPQS賞を受賞しています。今回の受賞は、品質、コスト、供給体制、技術力、顧客サービス、労務・倫理システムならびに環境持続性により評価されるすべての重点項目に対して、業界を先導する重要な役割を果たしたことによるものです。ダイフクはインテルの成功に欠かせない自動搬送・保管システムを供給し、多大な貢献をしたことで今回の受賞となりました。

株式会社ダイフク取締役専務執行役員eFA事業部門長の森屋進は「インテルから再びPQS賞に選ばれたことを大変光栄に思っています。新しいチャレンジに向かい、改善努力を続ける上で、我々はインテルからの支援を大変感謝しています。ダイフクの全社員に対して、ここ5年間で3回目となるPQS賞の受賞を称えたいと思います」と述べています。

インテルコーポレーションTMEオートメーション部長のロバート・リヴェラ氏は「PQS賞の受賞を心よりお喜び申し上げます。ダイフクはインテルの技術・コスト・生産のチャレンジに真摯に取り組み、インテルの技術ロードマップの実現、工場ネットワークの安全強化やコスト削減に大きく貢献しました。ダイフクはこのPQS賞を受賞するに値し、今後のさらなる協力を楽しみにしています」と述べています。

PQS賞はインテルのサプライヤー・コンテニュアス・クオリティー・インプルーブメント・プログラムの一環として、供給企業に継続的かつ卓越した改善を奨励するために設けられた賞です。PQS賞の受賞には、コスト、品質、供給体制、技術力、および環境面、社会性、ガバナンスプログラムのそれぞれの目標に対して80%以上のスコアを獲得することが条件とされています。また、供給企業は高い水準が求められる改善計画に対して80%以上のスコアを獲得し、安定した品質およびビジネスシステムを実践することが求められます。SCQIプログラムの詳細については http://intel.com/go/quality/ をご覧ください。

2013年度に受賞企業が貢献した内容を説明する“Deliver the Present and Create the Future”をテーマとしたPQS受賞企業への授賞式は、米国カリフォルニア州サンタクララにて開催されました。また、インテルのウェブサイト http://www.intel.com/ で、受賞企業名を掲載しています。

http://intel.com/go/quality/

株式会社ダイフクについて

株式会社ダイフクは半導体および液晶業界、自動車業界、一般製造・流通業界における世界で最も技術の高いマテリアルハンドリングシステムとソフトウエアのメーカーです。本社を大阪に構え、世界中に営業・生産・サービスの拠点を展開しています。

  • *インテル、Intel、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先
広報部: TEL:03-3456-2245