2013年10月2日
株式会社ダイフク

米国Wynright社の買収完了に関するお知らせ

株式会社ダイフク(本社:大阪市西淀川区、以下「ダイフク」)の100%子会社であるDaifuku Webb Holding Company(本社:米国デラウェア州、以下「DWHC」)による、米国マテリアルハンドリングシステムメーカーのWynright Corporation(本社:米国イリノイ州、以下「ウィンライト社」)の買収が米国時間の10月1日に完了しましたので、お知らせいたします。

ウィンライト社のDWHCグループ入りにより、北米地域における一般製造業・流通業向け事業において、製品ラインアップの拡大および販売・生産体制の強化が図れます。
ウィンライト社は、仕分けシステムやピッキングロボット、音声およびデジタルピッキングシステムなどを手掛けており、米国に2カ所の工場と10カ所の販売・サービス拠点を有し、従業員数は268人(2012年12月末現在)。2012年12月期の売上高は、108百万ドルです。
ダイフクが得意とする自動倉庫システムと組み合わせることで、双方の顧客に幅広く高度なソリューションやサービスを提供し、グループとしてのシナジー効果が期待できます。

ダイフクグループは、2014年3月期を初年度とする中期4カ年経営計画「Value Innovation 2017」において、2017年3月期の売上高2,800億円、営業利益率7%の経営目標を掲げています。この中計の中で、グローバルビジネスの推進により、海外売上高比率を現在の50%から60%へ引き上げ、特に北米地域は成長が見込まれる重要な市場として、売上高400億円から650億円へとさらなる事業拡大を目指しています。

なお、本件に伴う当社の2014年3月期の連結業績に与える影響は軽微であり、連結業績見通しに変更はありません。

お問い合わせ先
広報部 TEL:03-3456-2245