2013年1月9日
株式会社ダイフク

社長年頭挨拶

代表取締役社長 北條正樹

皆さん、明けましておめでとうございます。
2013年の年頭にあたり、ご挨拶申し上げます。

2012年は南欧諸国の財政破綻懸念が続き、中国に景気減速感が見られるなど、先行き不透明感が拭えない1年でしたが、当社グループの業績は確実に回復してきました。この回復基調を維持していくためには、構造改革を進めるのはもちろんのこと、新技術を取り込んだ新たな商品を開発することにより、収益性の高いビジネスを展開していかねばなりません。

オンリーワンの商品やシステムを生み出していくには、技術力やマーケティング力が不可欠です。それに加え、マーケットやお客さまの環境変化にあわせて、自らの力で内部を変革していくことが必要です。
当社グループの大きな飛躍のため、自らを変える、組織を変える、会社を変えることに、躊躇なくチャレンジしていただきたいと思います。