2012年1月12日
株式会社ダイフク

社長年頭挨拶

代表取締役社長 北條正樹

皆さん、明けましておめでとうございます。
2012年の年頭にあたり、ご挨拶申し上げます。

2011年は東日本大震災やタイの洪水など大変な1年でしたが、すべてをマイナス方向に理解していては何も始まりません。起きてしまった出来事をいかに終息させ、どのように次の発展や飛躍につなげていくかという力強い思考が大切です。

リーマン・ショック後に既存市場のシュリンクを経験した当社は、新市場の開拓や新商品の開発に一層力を入れ、事業の枠組みの拡大を順調に進めています。あとはコストダウンをはじめとした課題に引き続き取り組んでいくほか、ますます拡大する海外のマーケットへどんどん出ていって、現地の皆さんと切磋琢磨していただきたい。地道にかつ大胆なチャレンジを繰り返すこと、それが現下の課題解決のみならず、次なる飛躍にもつながることを肝に銘じて欲しいと思います。