2010年1月12日
株式会社ダイフク

社長年頭挨拶

代表取締役社長 北條正樹

皆さん、明けましておめでとうございます。
2010年の年頭にあたり、ご挨拶申し上げます。

リーマンショックに端を発した金融危機が世界の実体経済を直撃し、当社のビジネスも設備投資の大幅な減少という大きな影響を受けました。

こうした状況は当社に限ったことではなく、あまり悲観する必要はありませんが、お客さまからの声を待っているようではダメです。持ち前の誠実さやお客さまの要望と真摯に向き合う姿勢に加え、アンテナを高く、センサーの感度を上げる必要があります。“お客さまの先のお客さま”まで見てトレンドを先取りし、潜在的ニーズを取り込んで提案していきましょう。辛抱強く、全社一丸となって取り組んでいけば、必ずダイフクの業績も回復していきます。

4月から新たな中期経営計画がスタートします。目標達成に向け、ともに頑張り ましょう。