2009年4月1日
株式会社ダイフク

入社式社長祝辞

代表取締役社長 北條正樹

個々の能力磨き、チームワークで「真の世界No. 1」へ

米国に端を発した金融システム危機が、まさに直下型大地震のごとく、世界同時不況をもたらしている現状はご承知のとおりで、世の中は皆さんの当社グループへの入社が決まった頃とは大きく変わってしまいました。そして、景気の好転まで少なくとも2~3年はかかると予想されており、厳しい経済状況はしばらく続くものと覚悟しなければなりません。

このような環境の下、「真の世界No.1のマテリアルハンドリングメーカー」を目指す当社では、事業体質の強化と多様化するお客さまのニーズへ対応するため、2009年度は「人材育成」と「開発」に注力していきます。特に「事業は人なり」の観点から、皆さんも含めた従業員全員の能力と企業人としての資質向上に、全社挙げて取り組んでいく所存です。

侍ジャパンのWBCでの活躍は記憶に新しいことと思います。2連覇を遂げられたのは、個々のプレーヤーの高い能力はもちろんのこと、チーム一丸となった勝利への執着心が、ほかのどの国よりも強かったからではないかと思っています。皆さんにも、自分の夢や希望を実現させるため、当社での仕事を通じて野球の走・攻・守に通じる能力を磨き、組織の中で存在感のある人間に成長していただきたい。

また、私が常々感じている当社の良きDNAである「固い結束力」を肌で感じ・学んでいただき、侍ジャパンのような素晴らしいチームワークを発揮して、ともに「真の世界No.1のマテリアルハンドリングメーカー」を目指して頑張りましょう。

お問い合わせ先
広報部 TEL:03-3456-2243