2008年1月7日
株式会社ダイフク

社長年頭挨拶

代表取締役社長 竹内克己

皆さん、明けましておめでとうございます。
2008年の年頭にあたり、ご挨拶申し上げます。

昨年を振り返ると、日本の企業業績は総じて好調に推移しました。反面、不祥事が相次ぎ、企業悪者論的な風潮も垣間見られたことは真摯に受け止めなければなりません。

本年は、明るい1年にしたいと強く願いつつも、世界はめまぐるしくグローバル化が進み、激しく変化しています。いつ、どんな、予想外の問題が起きないとも限りません。
われわれの事業は今や世界中で展開されております。世界情勢の変化を常にウォッチし、当社の事業環境への影響に思いをはせることができる「時代を読む力」を磨いて下さい。