環境経営指標

マテリアルバランス

環境会計

環境保全コスト(事業活動に応じた分類)

(千円)

環境保全コスト(事業活動に応じた分類)
分類 投資額 費用額
2015年度 2016年度 2015年度 2016年度
事業エリア内コスト 公害防止コスト 1. 大気汚染防止のためのコスト 13,101 8,550
2. 水質汚濁防止のためのコスト 48,975 40,530
3. 土壌汚染防止のためのコスト
4. 振動・騒音防止のためのコスト
地球環境保全コスト 5. 省エネのためのコスト 143,296 107,484 205,858 200,638
6. 化学物質管理のためのコスト 21,815 67,564
資源循環コスト 7. 資源の効率的利用のためのコスト 1,075 1,561
8. 産廃、一般廃棄物処理コスト 39,874 37,328
上・下流コスト 9. 普通の製品とグリーン購入(調達)製品の差額 1,920 1,920
管理活動コスト 10. 環境マネジメントシステム運用コスト 35,510 43,887
11. 環境情報の開示、環境広告コスト 13,070 12,215
12. 環境負荷監視コスト 743 10,868 9,607
13. 従業員への環境教育コスト 12,094 8,928
研究開発コスト 14. 研究開発コストのうち、環境保全に関するコスト 141,800 149,780
社会活動コスト 15. 自然保護、緑化、美化等のコスト 45,922 49,105
16. 環境保全を行う団体等に対する寄付、支援のためのコスト 1,860 2,064
環境損傷対応コスト 17. 環境に与えた損傷に対して生じたコスト
合計   143,296 108,226 593,742 633,677
*横にスクロールすることができます。

環境保全対策に伴う経済効果(実質的効果)

(千円)

環境保全対策に伴う経済効果(実質的効果)
効果の内容 2015年度 2016年度
有価物売却 34,407 37,199
エネルギー費の節減 108,134 39,733
廃棄物処理費の節減 ▲14,913 ▲7,215
合計 127,628 69,717
*横にスクロールすることができます。

環境保全効果

環境保全効果
項目 2016年度 前年度比削減量
(▲は増加)
前年度比売上高原単位(%)
総エネルギー投入量(千GJ) 288.3 10.4 99.6
CO2排出量(トン-CO2 15,034.4 1,155.6 95.8
廃棄物総排出量(トン) 4,634.0 439.0 94.3
廃棄物最終処分量(トン) 61.0 26.0 72.4
総排水量(千m3 126.0 9.5 96.0
*横にスクロールすることができます。

省エネ・地球温暖化防止

エネルギー(熱量)使用量(国内拠点)

エネルギー使用量(国内拠点)
  単位 2005年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
生産拠点 GJ 399,354 267,892 249,057 246,009 238,235 227,853
非生産拠点 GJ 82,618 64,660 64,231 62,105 60,435 60,452
*横にスクロールすることができます。

CO2排出量(国内拠点)

(トン-CO2

CO2排出量(国内拠点)
  2005年度
(基準年度)
2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
国内合計 25,666 16,788 16,774 16,616 16,190 15,034
生産拠点 21,186 13,650 13,404 13,346 13,031 11,977
非生産拠点 4,480 3,138 3,370 3,270 3,159 3,058
*横にスクロールすることができます。

CO2排出量(海外拠点)

(トン-CO2

CO2排出量(海外拠点)
  2011年度
(基準年度)
2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
アジア 8,610 9,891 10,010 9,912 10,992
北米 9,433 10,866 9,822 9,476 12,715
ヨーロッパ 1,021 816 868 760 856
*横にスクロールすることができます。

輸送に関わるCO2排出量

輸送に関わるCO2排出量
  2005年度
(基準年度)
2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
CO2排出量
(トン-CO2
4,829 3,296 2,627 2,285 2,720 2,573
走行距離
(km)
8,219,405 6,622,843 5,365,244 4,696,175 5,517,260 5,375,379
トラック台数
(10トン車換算)
21,536 17,063 13,515 11,814 14,804 13,352
*横にスクロールすることができます。

LCA(ライフサイクルアセスメント)

当社製品「ニューグッラック」(重量物用保管棚)のLCA実施結果

標準的な代表モデル仕様

  • 当社製品パレットラック「ニューグッラック」(重量物用保管棚)のLCA実施結果
    幅(W) 2,500mm
    奥行(L) 1,100mm
    高さ(H) 5,000mm
    段数 ビーム3段(最大積載質量:2,000kg/段)
    連結 10連結
  • 標準的な代表モデル1式

1.LCA算定範囲

2.インパクト評価

ライフサイクル段階別のインパクト評価結果のまとめ

ライフサイクル段階別のインパクト評価結果
影響領域 単位 素材 組立 輸送 廃棄 全体
製造
地球温暖化 kg-CO2e 3,790 623 233 85 4,730
廃棄物 m3 0.04 0.06 0 0 0.1
オゾン層破壊 kg-CFC11等価量 0 0 0 0 0
生態毒性 kg-ベンゼン等価量(土壌排出) 63 13 0 0 76
都市域大気汚染 kg-SO2e 7 0.2 0.1 0 7.3
水資源消費 kg 13,300 16,800 68 25 30,200
*横にスクロールすることができます。
  • 「地球温暖化」「生態毒性(陸生)」「都市域大気汚染」については、素材製造段階の寄与が80%以上となりました。
  • 「廃棄物処分場の枯渇」「水資源消費」については組立段階の寄与が60%程度と過半を占めました。
  • 「オゾン層破壊」については、今回の算定条件では明確な影響がありませんでした。
  • 輸送段階および廃棄段階の影響は調査対象としたすべての環境影響領域で寄与が小さかったです。

新旧製品の比較(地球温暖化)

  • 新製品の環境影響削減率は7.4%でありました。
  • 環境影響削減には主としてトラスとビームの軽量化が貢献しています。

[kg-CO2e]

新旧製品の比較(地球温暖化)
  旧製品 新製品
素材製造 柱材の材料 1,350 1,120
ビームの材料 1,470 1,290
サブビームの材料 397 726
ラチスの材料 470 361
その他の金属部品 327 289
組立 柱材の加工及び塗装 253 167
ビームの加工、溶接及び塗装 309 290
サブビームの加工 78 72
ラチスの加工 73 70
トラス組立 33 23
輸送 出荷輸送 252 233
廃棄 廃棄・リサイクル 92 85
  全体 5,104 4,725
*横にスクロールすることができます。

CO2削減貢献

環境製品のCO2削減貢献量

スコープ3

スコープ1:
事業活動で直接排出した温室効果ガス(化石燃料など)
スコープ2:
事業活動で間接排出した温室効果ガス(電力、熱利用など)
スコープ3:
事業活動のサプライチェーンで間接的に排出した温室効果ガス(購入した製品・サービス、製品使用など)
スコープ3
種別 CO2排出量
(トン-CO2
比率
販売製品の使用 1,224,095 78.1%
購入材料、部品 326.226 20.8%
資本財(固定資産) 10,006 0.6%
販売製品の廃棄 745 0.0%
輸送、配送 3,013 0.2%
その他 3,591 0.2%
合計 1,567,676 100.0%
*横にスクロールすることができます。

【算定範囲:国内グループ】

  • サプライチェーン全体CO2排出量(千トン-CO2)

  • スコープ3 CO2排出量(千トン-CO2)
     

(注)四捨五入の関係で内訳の和が合計と一致しない場合があります。

省資源

廃棄物排出量(国内拠点)

(トン)

廃棄物排出量(国内拠点)
  2005年度
(基準年度)
2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
国内合計 5,696 4,651 4,427 4,058 5,073 4,634
生産拠点 4,648 4,359 4,133 3,764 4,771 4,358
非生産拠点 1,048 293 295 294 302 277
*横にスクロールすることができます。

廃棄物リサイクル率(国内拠点)

水使用量(国内拠点)

(m3

水使用量(国内拠点)
  2005年度
(基準年度)
2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
国内合計 310,797 172,376 145,404 136,801 135,519 125,991
生産拠点 255,056 132,197 105,798 102,203 97,997 90,309
非生産拠点 55,741 40,179 39,606 34,598 37,522 35,682
*横にスクロールすることができます。

水使用量(海外拠点)

(m3

水使用量(海外拠点)
  2011年度
(基準年度)
2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
アジア 93,608 70,255 71,486 77,634 75,805
北米 19,362 25,343 17,067 17,944 23,144
ヨーロッパ 2,963 3,555 3,209 2,944 3,211
*横にスクロールすることができます。

汚染予防

PRTR法対象化学物質 排出・移動量

滋賀事業所

PRTR法対象化学物質 排出・移動量
  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
排出・移動量(kg) 24,379 23,506 18,691 30,010 21,180
*横にスクロールすることができます。

2016年度PRTR法対象化学物質 取扱量(滋賀事業所)

(kg)

2016年度PRTR法対象化学物質 取扱量(滋賀事業所)
管理物質番号 化学物質名 取扱量 排出量 移動量
大気への排出 公共用水域への排出 土壌への排出 埋立処分 排出量合計 下水道への移動 その他の移動 移動量合計
37 ビスフェノールA 2,359.68 0 0 0 0 0 0 825.89 825.89
53 エチルベンゼン 3,829.17 3,829.17 0 0 0 3,829.17 0 0 0
80 キシレン 5,911.90 5,911.90 0 0 0 5,911.90 0 0 0
188 ジシクロヘキシルアミン 230.400000000
256デカン酸14400000000
296 1,2,4-トリメチルベンゼン 702.96 702.96 0 0 0 702.96 0 0 0
297 1,3,5-トリメチルベンゼン140.77140.77000140.77000
300 トルエン 7,747.83
7,534.50 0 0 0 7,534.50 0 0 0
*横にスクロールすることができます。

(注)年間取扱量100kg未満の化学物質については、微量として割愛しました。

2016年度放流水水質実測結果

滋賀事業所(水質汚濁防止法、県条例、日野町公害防止協定)

2016年度放流水水質実測結果
測定項目 規制値 実績
最大 最小 平均
排水量(m3/日) - 603.6 125.9 356.2
PH 6.0~8.5 7.4 7.0 7.2
SS(mg/ℓ) 20以下 5.6 0.5 1.8
COD(mg/ℓ) 20以下 4.1 1.1 2.4
BOD(mg/ℓ) 20以下 3.0 1.0 1.8
全リン(mg/ℓ) 1以下 0.1 0.1 0.1
全窒素(mg/ℓ) 10以下 7.4 0.5 4.1

*横にスクロールすることができます。

(注)平均は加重平均値とする。

2016年度大気汚染物質

滋賀事業所(日野町公害防止協定)

2016年度大気汚染物質
物質 施設 規制値 実績
最大 最小 平均
ばいじん(g/m3N) 発電機 0.1 0.034 0.005 0.013
硫黄酸化物(SOx)(m3N/h) 発電機 2.3 0.090 0.037 0.062
窒素酸化物(NOx)(ppm) 発電機 950 910 680 780

*横にスクロールすることができます。

生物多様性保全

生態系調査結果

滋賀事業所で確認された希少種一覧

生態系調査結果(2013年4月~2014年3月)
分類 種和名 種類
鳥類 ヨシガモ、カイツブリ、コチドリ、ハイタカ、ノスリ、コシアカツバメ、ビンズイ、ウソ、ハヤブサなど 27
両生類 カスミサンショウウオ、ニホンアカガエル、トノサマガエル、シュレーゲルアオガエル 4
爬虫類・哺乳類 ニホンイシガメ、カヤネズミ 2
昆虫 キイロサナエ、フタスジサナエ、オグマサナエ、トラフトンボ、ハルゼミ、オオスズメバチ、トゲアリ 7
魚類 ギンブナ、ドンコ 2
植物 コヒロハハナヤスリ、コムラサキ、イヌタヌキモ、キキョウ、オケラ、ヒメコヌカグサ、キンラン 7
合計 49

*横にスクロールすることができます。

環境教育

エコアクション(社内環境活動)参加人数

エコアクション(社内環境活動)参加人数
年度 2013 2014 2015 2016
延べ参加人数 1,604 2,566 2,945 5,603
*横にスクロールすることができます。