ダイフクエコアクション制度

エコアクション制度

2012年度、社員がより身近に環境貢献の実感が持てるように、社員の環境活動に対してエコポイントを付与する「DAIFUKUエコアクション」制度をスタートしました。各地でエコアクションメニューを用意し、2016年度は、延べ5,603名の社員がボランティア活動や環境学習に参加しました。
社員が獲得したエコポイントは、エコ商品などに交換することができます。また、本制度ではエコポイントと同等の金額を外部団体へ寄付します。

  • エコアクション制度
  • エコアクション制度
  • エコアクション制度

参加者の推移

延べ参加人数
年度 2013 2014 2015 2016
延べ参加人数 1,604 2,566 2,945 5,603
*横にスクロールすることができます。

寄付

2017年度は、従業員参加型の環境活動「DAIFUKUエコアクション制度」の一環として、以下の寄付を行う予定です。

寄付先
寄付先金額内容
【継続】
滋賀県立琵琶湖博物館
60万円
(前年:48万円)
博物館開館20周年リニューアル事業支援
 【継続】
日に新た館カーボンオフセット
55万円
(前年:41万円)
日に新た館の開館及び送迎バス運行に伴うCO2排出量をオフセット
 【継続】
国連生物多様性の10年日本委員会
85万円
(前年:100万円)
生物多様性保全の主流化に向けた国民への認知度向上を目的とした各種事業
*横にスクロールすることができます。
寄付活動

環境表彰制度

環境表彰制度

従業員個人や社内グループの前向きな環境活動を表彰し、当社環境経営の原動力とすることを目的として「環境活動表彰」制度を2014年に創設しました。2016年度は、個人の部として地域産の間伐材や木材加工の廃材を用いて自宅の家具製作に取り組む従業員が、グループの部としては節電隊を組織して総合展示館「日に新た館」の省エネ活動と環境啓発活動を実施し、電力を10%削減に成功した事例が表彰されました。

環境 人づくり企業大賞

環境表彰制度

環境省と環境人材育成コンソーシアムが主催する「環境 人づくり企業大賞2015」の表彰式が、2016年5月30日に環境省で開催され、当社が「奨励賞」を受賞しました。同大賞は、環境人材育成に関して先進的な取り組みを行う企業を表彰するもので、「ダイフクエコアクション制度」において、社員が環境へ興味・関心を持てるような工夫をしていることや社員が獲得したポイントに相当する金額を会社が寄付金として拠出し、地域の環境団体の活動を支援するする仕組みに独自性があることなどが高く評価されました。

D-EMS (DAIFUKU Eco Management System)

2017年1月から環境情報管理ツールを導入し、各事業所(海外現法含む)からの環境情報を月次報告することで、環境情報の収集・集計・分析をスピードアップしました。 担当者が実績入力した際、前年同期比±30%の乖離があった場合を異常値とし、入力者にエラー表示と増減理由を入力させることで、人為的入力ミスを防ぎ、エネルギー量把握の正確性を向上させています。 今後、環境目標の達成に役立てるべく全社へ展開を図っていきます。

社外からの評価

こちらをご覧ください。