2018年5月25日
株式会社ダイフク

ダイフク Institutional Investor誌による「The 2018 All-Japan Executive Team」で「Honored Companies」の上位に選出

株式会社ダイフク(本社:大阪市西淀川区、代表取締役社長 下代博)は、世界的に著名な米国大手金融情報誌「Institutional Investor」が5月15日(現地時間)に発表した「The 2018 All-Japan Executive Team」(2018年度ベストIR企業ランキング)のEngineering & Machineryセクターにおいて、評価項目のうち「Best CFOs」の第2位に、当社代表取締役副社長兼CFOの猪原幹夫が選ばれました。これにより当社は、同セクターの「Honored Companies」の4位に選出されています。

本ランキングは、Institutional Investor誌が、日本の上場企業を選定対象に発表するもので、2018年は1,000名を超える機関投資家・証券アナリストが投票に参加しました。

ダイフクは、今後も健全で持続的な成長と企業価値の向上をめざすとともに、投資家の皆さまに対して公平・公正かつタイムリーなIR活動により、株主価値の拡大を図ってまいります。

Institutional Investor誌の「The 2018 All-Japan Executive Team Rankings」における「Most Honored Company」の詳細は、以下のURLよりご覧いただけます。(英語のみ)

https://www.institutionalinvestor.com/research/7935/Most-Honored-Companies