2017年9月27日
株式会社ダイフク

社会貢献運動プログラム「TABLE FOR TWO」への参加について

株式会社ダイフク(本社:大阪市西淀川区、社長:北條正樹)は、10月より、特定非営利活動法人「TABLE FOR TWO International(テーブル・フォー・ツー・インターナショナル)」が運営する食を通じた社会貢献運動プログラム「TABLE FOR TWO(TFT)」に参加します。

具体的には、当社滋賀事業所(滋賀県日野町中在寺1225)内にあるマテリアルハンドリング・ロジスティクスの総合展示場「日に新た館」において、レストランで来館者に提供する昼食1食につき、開発途上国の子どもたちの給食1食分に相当する20円を寄付します。寄付金は、TFTの事務局を通じて、ウガンダ、ルワンダなどの学校給食支援に活用されます。

ダイフクは、今後も企業の社会的責任(CSR)の一環として、さまざまな社会貢献活動を展開するとともに社内外への認知訴求を行って参ります。

日に新た館のウェブサイトはこちら


「TABLE FOR TWO」とは
世界の約70億人のうち、約10億人が飢餓や栄養失調の問題で苦しむ一方で、20億人近くが、食べ過ぎが原因で肥満状態にあるという、深刻な食の不均衡を解消するために、2007年に始まった日本発の「食」を通じた社会貢献運動。2016年現在、アメリカをはじめスイス、イタリアなどヨーロッパの国々、ノルウェー、サウジアラビア、そして香港やベトナム、オーストラリアなど計14カ国で活動を展開しています。

「TABLE FOR TWO」のウェブサイトはこちら


お問い合わせ先
広報部 TEL:03-6721-3505